さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年04月03日

銅像はケツが命



 引き締まった筋肉質のケツ。そっちの趣味はないのだが、なかなかセクシーですねぇ。はい、これは誰のケツか分かるかな?



 このケツの持ち主は、年配の方なら「怒り金時」の愛称も懐かしい名寄岩なのです。大正3年生まれで昭和7年に初土俵、以来20年以上にわたって活躍したという名寄市出身の名大関で、1956年に「名寄岩 涙の敢斗賞」(小杉勇監督)なる映画もヒットしたというから、往時の人気が察せられます。

 どうしてこのケツを詣でに行ったか、それは4月15日発売の北方ジャーナル5月号でご確認を。(ひ)


同じカテゴリー(エッセイ・コラム・小説・取材こぼれ話)の記事画像
道内在住の小学生がガンプラW杯ジュニア部門で準優勝
記者会見、わが党はこう思う
それぞれの11日
【山梨発】女子大生からの手紙
石狩はまなす墓苑、小型でも個性的なお墓を
ひとまず、安堵の朝
同じカテゴリー(エッセイ・コラム・小説・取材こぼれ話)の記事
 道内在住の小学生がガンプラW杯ジュニア部門で準優勝 (2015-01-05 18:35)
 記者会見、わが党はこう思う (2012-12-25 19:19)
 それぞれの11日 (2012-01-11 19:28)
 【山梨発】女子大生からの手紙 (2011-10-11 23:59)
 石狩はまなす墓苑、小型でも個性的なお墓を (2011-08-11 10:47)
 ひとまず、安堵の朝 (2011-03-15 10:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
銅像はケツが命
    コメント(0)