さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › 正月明けにオペラはいかが? 二期会の「メリー・ウィドウ」

2009年12月31日

正月明けにオペラはいかが? 二期会の「メリー・ウィドウ」

正月明けにオペラはいかが? 二期会の「メリー・ウィドウ」
過去の北海道二期会の公演

 正月明けの1月8日(金)と9日(土)、札幌市教育文化会館大ホールで、北海道二期会による本格オペラ「メリー・ウィドウ」が上演される。

 北海道二期会は独自のオペラ公演の実施などを目的に、昭和37年に14名の会員で出発した由緒ある団体。ホームページなどによると毎年札幌市内や道内各地でオペラ公演、その他演奏会形式の公演など、幅広く活動を続けている。

 またこれまでに、昭和49年に北海道芸術新賞を、昭和50年および53年には、札幌市から芸術祭奨励賞を受け、昭和53年に札幌市オペラ公演の助成、昭和56年に北海道よりオペラ公演の助成を受けている。

正月明けにオペラはいかが? 二期会の「メリー・ウィドウ」 F・レハーレが作曲した喜歌劇「メリー・ウィドウ」は、パリ市内の公国の富を相続した若き未亡人ハンナの恋のドタバタを描いたもの。全3幕だが、訳詞上演されるので観ていてストーリーが分かりやすい仕立てとなっている。

 聞けば、地元の男声合唱団「ススキーノ」からの特別参加もあるとのこと。いわゆるミュージカルとはひと味もふた味も違う本格オペラの魅力は、まだまだ知られているとは言えない。こんな機会を利用してお屠蘇気分の切り替えを兼ねて足を運んでみてはいかがだろうか。


 指揮は末廣誠、演出は大森孝子。チケットは4000円からで、大丸藤井など市内5カ所で発売中となっている。詳しいお問い合わせは北海道二期会事務局まで。電話とファクスは011-737-9949。専用携帯電話は090-2075-9949。Eメールはopera-hokkaido-nikikai@ezweb.ne.jpまで。     (く)



同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
本誌表紙絵の鈴木翁二さんが浦河と札幌でCD発売記念ライブ
土屋HD・土屋公三会長が主宰。「人間社長塾」が今年10期の節目
胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ
帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中 (2019-07-09 11:28)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 本誌表紙絵の鈴木翁二さんが浦河と札幌でCD発売記念ライブ (2019-01-31 17:26)
 土屋HD・土屋公三会長が主宰。「人間社長塾」が今年10期の節目 (2019-01-28 17:09)
 胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ (2018-10-11 09:13)
 帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中 (2017-11-09 16:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
正月明けにオペラはいかが? 二期会の「メリー・ウィドウ」
    コメント(0)