さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 正栄プロジェクト、札幌市社協に子供用車椅子を寄贈

2009年12月22日

正栄プロジェクト、札幌市社協に子供用車椅子を寄贈

正栄プロジェクト、札幌市社協に子供用車椅子を寄贈
札幌市社協・末廣常務理事(写真右)に目録を手渡す、正栄プロジェクト・美山正広社長

 道内などでパチンコ店「イーグルグループ」を展開する正栄プロジェクト(美山正広社長)は12月21日、札幌市社会福祉協議会へ子供用車椅子4台を寄贈した。
 
 この車椅子は、イーグルグループ全店で約2年に渡って回収したリングプル約1000キロ(1台分)に、同社が購入した4台を加えたもの。全5台のうち1台は、札幌市立病院に寄贈された。


正栄プロジェクト、札幌市社協に子供用車椅子を寄贈

 美山社長から目録を受け取った、同協議会の末廣隆典常務理事は「大変かわいらしい車椅子をいただき、感謝している。これらは子どもの福祉教育の出前講座や、怪我などの短期貸し出しに使わせていただきます」と感謝の言葉を伝えた。
 
正栄プロジェクト、札幌市社協に子供用車椅子を寄贈 美山社長は「日頃きめ細やかな福祉活動を行なっている皆様に、ぜひこの車椅子をお送りしたい。これからも子ども達がのびのびと健やかに過ごせる社会を、心から祈っております」とコメントし、「当社が本格的に社会貢献への取り組みを始めたのは7年前。あるきっかけから移植医療の支援活動を始めたのですが、医療の現実を知らなかった自分を恥ずかしく思った。こうした車椅子の寄贈も含め、福祉活動は将来に向けてやらなければいけない仕事であり、まさに"継続は力"です」と、さらなる社会貢献活動への熱意を見せていた。 (ご)



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める
新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は?
太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催
写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催
すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌
北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める (2020-01-29 13:00)
 新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は? (2019-04-01 18:06)
 太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催 (2019-03-03 17:29)
 写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催 (2018-11-25 18:07)
 すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌 (2018-09-20 17:58)
 北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今 (2018-09-15 14:17)

Posted by 北方ジャーナル at 12:49│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
正栄プロジェクト、札幌市社協に子供用車椅子を寄贈
    コメント(0)