さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › オールスター戦直前の札幌ドームにムネオ氏登場

2009年07月24日

オールスター戦直前の札幌ドームにムネオ氏登場

オールスター戦直前の札幌ドームにムネオ氏登場

 札幌ドームで8年ぶりの開催となった「プロ野球マツダオールスターゲーム第1戦」。3万8370人の観客がドームへと向かう中、どこかで聞いたことのある声が響き渡っていた。
 
 「みなさんこんにちは! 新党大地の鈴木宗男でございます!」

オールスター戦直前の札幌ドームにムネオ氏登場 ドームに続くスロープでは多くの入場客が立ち止まり、鈴木代表にカメラ付き携帯電話やデジカメを向けていた。
 
 「ムネオと呼んでください」と呼びかけた鈴木代表。続けて「しかし投票用紙に『ムネオ』と書いたら受かりませんから、『新党大地』あるいは『大地』と書いてください。『鈴木』でも『鈴木大地』でも駄目です」
 
 「鈴木大地」ならば、水泳選手になってしまうだろう。
 
 今回はオールスター戦ということで、道内のみならず全国各地から野球ファンが集まっていた。しかもこの日の国歌斉唱は、鈴木代表と同郷の、北海道足寄が生んだスーパースター松山千春氏である。「札幌ドームでオールスターとムネオと千春を見た」というのは、生キャラメルが吹っ飛ぶほどのインパクトのある土産話になったのではないか。 (て)


同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
プレイランドハッピーすすきの店の閉店で札幌ススキノからパチンコ店が消滅
500万円収賄罪で在宅起訴。吉川貴盛元農林水産大臣は北海道に何を残したか
焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任
札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び
社会が大きく変容するコロナ禍中での企業の在り方を学ぶ、「北海道経営未来塾」第5期が船出
【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 プレイランドハッピーすすきの店の閉店で札幌ススキノからパチンコ店が消滅 (2021-01-19 00:01)
 500万円収賄罪で在宅起訴。吉川貴盛元農林水産大臣は北海道に何を残したか (2021-01-17 11:41)
 焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任 (2021-01-09 10:40)
 札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び (2020-11-16 17:49)
 社会が大きく変容するコロナ禍中での企業の在り方を学ぶ、「北海道経営未来塾」第5期が船出 (2020-06-22 16:39)
 【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言 (2019-03-25 10:50)

Posted by 北方ジャーナル at 22:54│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
オールスター戦直前の札幌ドームにムネオ氏登場
    コメント(0)