さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › 【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!

2009年05月23日

【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!

【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!
就任後初の地方行脚は北海道。支持者2千人から大きな声援を浴びた岡田幹事長

 5月23日午後1時から、帯広市中心部にある藤丸デパート前で開かれた民主党・石川ともひろ衆議(北海道11区)の街頭演説会に、支持者など約2千人が集まった。

【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!

 ゲストには幹事長就任後初の地方行脚となる岡田克也衆議、そして道内区で民主党と選挙協力する新党大地の鈴木宗男代表が登場し、政権交代や大人の飲酒マナーなどについて訴えた。ちなみに雨が心配された天候も薄曇りで推移し、演説中は雨が降らなかった。

(岡田幹事長)
 皆さんこんにちは! ほんとに沢山の皆様、石川さんのために、こうやって時間を割いて、足を運んでいただいたことを、わたくし岡田克也からもお礼を申し上げます。本当に皆さん、ありがとうございました。

 民主党、先般の代表選挙において、鳩山由紀夫さんを新たに代表に選出し、そしてその鳩山さんの元で、わたくし岡田克也、幹事長に就任をいたしました。代表代行を務める小沢一郎さん、菅さん、輿石さん共々、全党一丸となって次の総選挙に勝利をし、何が何でも政権交代を実現する。そういう思いで頑張っていること、まず皆様にご報告申し上げます。よろしくお願いします。

 さて、鳩山代表、この北海道出身、わたくしたちが政権交代を実現すれば、いや、必ず実現します。その暁には、この北海道から日本国総理大臣が誕生する。そしてその鳩山総理の下で、私たちが力を合わせて、この国の政治を大きく変えていく。もちろん民主党だけではありません。国民新党や、そして今、力強く演説をされた新党大地、鈴木さんと一緒に協力をしながら、なんとかしてこの国の政治、変えなきゃいけない。そういう思いで頑張って参りたいと思います。

 皆さん、今、政治は変わらなければなりません。今、政治は変わらなければならない。わたくしも全国を回る機会があります。いろんな皆さんの声を、聞かせていただいております。あるお年寄りはこう言われました。「長年一生懸命に年金の保険料を払ってきた。しかしある日、どうもおかしい、そう思って何度も何度も問い合わせをして、自分も消えた年金で、その該当者であることが分かった。もう既に、そのことは社会保険庁も認めたけども、しかし、にもかかわらず未だに年金が払われない。ちゃんと払われない。一体どうなってるんですかこの国は」。そういう声をよくお聞かせいただきます。

 若いご夫婦からは、「子供を産み育てたい。そういう思いは本当に強いけれども、しかしそれを諦めなきゃいけない。そんな国がいい国ですか、いい社会ですか」。真剣な目で、そう言われたことが何度もあります。

 農家のみなさんからは、一生懸命に農業に取り組んできたけれども、自分の子供達には跡をやってくれとは言えなかった。どうしてこれだけ頑張っても、このことが報われないのか。何とか政治がしてもらいたい。そういう声を、たびたび聞かされて参りました。

 皆さん、今こそ政治を変える時です。本当に、今までの政治でうまく行っているなら別に構わない。しかしうまく行ってないと、皆さんの大半の思いだと思います。この政治が続いて、これで皆さん自身の生活が守れると、その確信があるという方、一体どれだけいらっしゃるでしょうか。

 今のままの政治が続いて、皆さんの子供や孫の時代、今よりいい日本にして残せると、確信を持っておられる方が、一体何人おられるんでしょうか。ほとんどの方が、NOと答えます。そうであれば、今までの延長線でなんとかなると思う、それでは駄目なんです。

 もう、自民党の時代は終わりました。かつては自民党も立派だったかも知れない。しかし、この所の政治を見ている限り、自民党の時代は終わった。皆さんもう十分に待ったんじゃありませんか。小泉さんが登場して、自民党をぶっ壊す。ぶっ壊されたのは国民生活の方だ。そしてその後に出てきた安倍さんも福田さんも、一年でコロコロ辞めてしまう。何の自覚もない。そして今の麻生さん。麻生さん見ていて、本当にこの国が良くなると、そう思われる方が一体どれだけいらっしゃるでしょうか。もう、自民党の時代は終わったんです。

 駄目なら変える、政権交代。このことによってこの国を変える。今こそがその時期です。私も、鳩山代表も、あるいは小沢一郎さんも、共に自民党でやってきた経験がある。わたくしはわずか3年半でしたけれども、自民党の中にあって、もうこの党では駄目だ、と18年前に書いた日記があります。そしてなんとかして、自民党に代わる新しい政党を作り上げて、この国に政権交代がきちっと出来る政治を作らなきゃいけない。そういう思いで、この18年間やって参りました。鳩山代表も同じ思いです。しかし、今の自民党の中でやったとしても、本当に国民のためになる政治が出来るかと考えたときに、ここはしっかりと民主党を形作って、そして本当にこの国の政治を変えなきゃいけない。こういう思いで頑張って参りました。

 どうか皆さん、来る総選挙、問われるのは今の景気だけではなくて、これからの日本をどうしていくのかという問題。本当に後から振り返って、そして皆さんが、お子さんやお孫さんから、お父さんやお母さんがあの時思い切って決断してくれたお陰で、今の日本があるんだね、将来展望のある日本があるんだね、と言われるような、そういう総選挙に、今度の総選挙一緒になってやろうじゃありませんか。いかがですか。

 今、鈴木さんが、鈴木さんよりも2歳早く当選した石川さんの話をしておりました。わたくしは36歳で初当選です。わたくしよりも3歳早く、バッジを付けた。皆さん、前途洋々だと思いますよ。まだ若いです。これからです。もちろん今まで、政治家としての力量が、基礎がしっかりと出来上がっている。そしてこの地域の皆様にお育ていただいて、5年10年、15年、この地域のために、そして国のために、将来リーダーとして働いてもらう。そういう石川さんをぜひ皆さんのお力で、育てていただきたい。さっきの記者会見でも申しましたが、十勝の場合凄いんですよこれから。大きな可能性がある。日本の産業、これからは自動車や電気といった、輸出過剰産業に多くを依存することはもう出来ません。アメリカも不安定です。そういう中で、国内の需要を拡大していく。それは一つは、介護や医療といった分野であり、そして今一つは、第一次産業だ。農業や漁業や、林業。日本の食糧自給率が4割切った。これは将来、5割6割。高めて行かなければならない。そして食の安全。そういったことを考えた時に、まさしく農業先進地域である十勝は、将来大きな夢が持てる地域なんです。その夢が実現できるかどうか。

 今までの農業政策のように、何兆円もの金を毎年つぎ込みながら、日本の農業がやせ細っていくような、そういう間違った農業政策ではなくて、そこで働く人たちが豊かになり、そして自信を持って農業に取り組める。そういった新しい政策に転換していかなくてはならない。それをやるのは皆さん、ここにいる石川さんですよ。

 そして、地域のことは地域に。何でもかんでも国が決める。そういう時代は終わりです。北海道のことは北海道で、そして十勝帯広のことは十勝帯広で、自分たちで決めていける社会。これをわたくしたちが目指している、鳩山代表がまさしく、日本を分権型社会に変えると言っていることを、明確に言っておられます。十勝のことは十勝で、皆さん自分たちで決めるということが出来る。そういう社会を、私たち民主党を中心に作っていこうじゃありませんか。

 どうか、相手は強力だ。だけど、将来を考えて、この若い石川さんをぜひ皆さんの力で、今度の選挙でぜひ勝たしていただいて。そして二期三期四期と、育てていただきたい。私たち民主党、この北海道で、選挙区でしっかり勝って、勝利をして、政権交代を必ず実現して、一丸となってこの国を変えていく。そのことを皆様にお約束して、わたくしの応援演説を終わります。すいませんよろしくお願いいたします。

【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!
政権交代と大人の飲酒マナーなどについて訴えた鈴木代表

 ふるさと、十勝のみなさんこんにちは。今久しぶりに、この商店街、藤丸さんの前に立ちますと、やっぱり選挙を思い出します。同時に、岡田幹事長、私の目の前に、高校時代の恩師、高橋先生のご夫妻がいらっしゃるんですねえ。恩師の前でしゃべるのはなかなか、ちょっと、恥ずかしさもあればですねえ、やんちゃもんだったもんですから、「偉そうなこと言うな」なんて怒られるんでないかなというような思いはありますし、この横には、中学校時代の恩師も来てくれております。宮川先生ですねえ。ありがとうございます。そして何よりも、今日、お集まりの皆さん、本当に、ありがとうございまーす! ありがとうございます。

 岡田幹事長、今日の十勝の天気予報は、50%雨だったんですよ。みなさん、幹事長は力ありますねえ。政治力じゃなくてみなさん、天を動かしている。期待できるんじゃないですか? 

 鳩山代表になり、岡田幹事長になってみなさん、流れが変わりました。世論調査でも、はっきり表れてますね。麻生首相と鳩山代表、どちらが首相にふさわしいか。鳩山さんがもう、すぐ上になりました。もっと顕著なのはみなさん、政党支持率なんです。政党支持率は、自民党と民主党では、民主党と自民党はいっつも負けておったんです。ところが、鳩山―岡田体制になったらみなさん、政党支持率も、民主党が自民党を抜いたんです。

 さらにみなさん、次期衆議院選挙で、どの党に入れるか。テレビでですよ、どの党に入れるか。これは、西松事件が起きても、民主党さんが若干自民党より上だったんです。今度は、若干どころか、10ポイントも自民党を差ァ付けたんですよ。国民は見てますねみなさん。この流れを大事にしようじゃありませんか。

 昨日、麻生首相が島サミットのために帯広に入って、トマムに向かったようです。みなさん、麻生首相も口曲げてしゃべればいいっちゅうもんじゃないですね。偉そうに、さもさも俺は金持ちだ、岡田幹事長はお金持っててもそんな態度しませんよ。いつも謙虚です。そしてみなさん、私は昨日麻生さんが来た、中川代議士が、総理に、面と向かってお詫びが出来て良かった。国家と総理にお詫びを申し上げることが出来た。こんな言いぶりです。松山千春さんからすぐ電話来ました。「ムネオさん、ちょっとおかしいんでないか? 麻生にお詫びしてどうすんだ。国民にお詫びすんのが、あいつの責任でないか?」。松山千春さんは、怒りの電話をくれました。私も、ご無理ごもっともと思いましたよ。

 皆さん、私は今裁判やってます。しかし私はやましいことやってないから戦ってるんですよ。日本国を代表して、G8の財務大臣会合で皆さん、どこの世界に、隣の人のコップの水を飲んではいけませんね。いま渋谷、新宿では、流行ってるそうですよ。隣のテーブルのコップを飲むのが。ひどいもんですね。 

 私は正直に、堂々と戦ってますけども皆さん、あのモウロウ酩酊だけは、どんな言い訳が効きますか? これこそ皆さん、あってはならんことでなかったんですか? これだけは皆さん、明確に出していこうじゃありませんか。

 皆さん、北海道で自民党の幹事長が誕生した。いや、政調会長、財務大臣が誕生した。いや官房長官が誕生したと言って、北海道に何かいいことありましたか? 農家の皆さん沢山来てますが、品目横断別政策で、農家の所得上がりましたか? 下がる一方じゃないですか皆さん。商店街に、元気がありますか皆さん。格差が広がって、東京の物差し、東京の価値観で皆さん、北海道が切り捨てられてきたんではないですか? 今の失業率は5・6%ですよ。北海道、東北が一番高いんです。働く機会増えましたか皆さん。考えてください。この流れを変えるのが、次の大事な大事な選挙なんです。どうかみなさん、弱肉強食、そして官僚政治、一握りの金持ち優先、この政治の流れを皆さん、生活者重視、そして地域主権。地方の役割を正当に認めてくれる、政治体制をつくろうじゃありませんか! 

 新党大地は責任を持って、この帯広・十勝で石川ともひろさんのために、全力を傾注いたします。

 石川さん、私と同じ足寄です。かけがえのない後輩です。誰よりも十勝を愛し、十勝を知ってる男です。東京生まれの、東京育ちの人とは違うということを皆さん、十勝の意地を示させてください。

 人は、生まれてから15歳までの自然環境、あるいは社会環境がその人生において大きな影響を持つと言われております。石川さんはあの厳しい自然環境の足寄で、しっかり勉強してきた男です。誰よりも皆さん、この十勝を良くしたいと思って、立ち上がった男です。35歳です。20年、30年使えるんです。酩酊だけしなければ皆さん、30年は使えますから、ぜひとも期待をしてください。

 私が初当選したのが35歳でした。石川さんは私よりも2つ早く当選してるんですから、大きな可能性を秘めてるんです。そういった意味でもどうぞ皆さん、政治家は2回目の勝負、2回当選することがまず大事なんです。間違いなく7月、もしくは8月には選挙があります。皆さん、石川さんが当選すれば、石川さんはまだ東京では知名度が低いんです。しかし、皆さんのお力で、この選挙区で、この選挙で石川ともひろさんが当選すれば、日本はもちろん、世界に大きくその名を知らしめることになるんです。皆さん、いっちょう、やってみようじゃあありませんか。新しい歴史を、作ろうじゃありませんか。

 皆さん、定額給付金2兆円配る、配ればいいっちゅもんでないでしょう。2兆円あるなら、私は後期高齢者医療制度をまずやめるべきだと思っております。なんで75歳以上のお年寄りに、新たな一割負担させるんですか。さらに皆さん、2兆円あるならば、障害者自立支援法もやめるべきですよ。好き好んで、障害者に生まれてきたんでないんです。好き好んで事故の元で障害者になったわけでないんです。そんな人たちになぜ皆さん、新たな一割負担させるんですか。500億700億で済む話なんですよ。そしたら皆さん、2兆円あるならば、3000億が後期高齢医療制度と、障害者自立支援法をなくすことに回して、残り1兆7千億、どうやって使いますかと国民と相談するのが本来の皆さん、民主的な政治でないですか! お金は尊いものなんです。裏表使えと、親に教えられました。

 皆さん、皆さんがたの税金なんです。一握りの皆さん、権力者が上から押しつける政治は、もう、こりごりだとこの十勝から発信して行こうじゃありませんか!

 もっとお話をしたいんですけども、岡田幹事長の時間がありますから、このぐらいでやめます。どうか皆さん! 時間との戦いです。石川ともひろさんに力を貸してください。この十勝から皆さん、十勝から政権交代の確実な第一歩を記していこうじゃありませんか! ここで石川さんが勝てば、間違いなく政権交代は出来るんです! 隣の釧路・根室も、メドはついております(観衆笑い)。12区も皆さん、「偉大なるイエスマン」、下がってもらおうと思っております。

 皆さん、小泉純一郎に対して「偉大なるイエスマン」だとゆった、言葉の使い方が間違ってるんです。「私は北海道民、日本国民に対し、偉大なるイエスマンで生きていきたい」。これが正確な使い方でないでしょうか。小泉純一郎にゴマをすって、豚もおだてりゃ木に登る式に皆さん、何がいい政治家ですか! こういう人にも、去ってもらわなくちゃいけないんです。

 何よりも皆さん、生活感のない人には、下がってもらいましょう。お酒は、楽しんで飲むもんです! 酩酊してはいけないんです! どうか皆さん、真面目で、しっかりこの地に、十勝に根を張っている石川ともひろさんを男にしてください! 小選挙区で勝たしてください! 私も一生懸命やってまいります! あとは皆さんにお願いするしかありません! どうかどうか皆さん! 小選挙区では石川ともひろさんを、比例区では新党大地にご支援賜りますようにお願い申し上げて、私の訴えといたします。ありがとうございました、ありがとうございました、ありがとうございました!

【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!
自転車で会場に登場し、フレッシュな若さをアピールした石川衆議

 みなさん、今日はお忙しい中、こんなに大勢の皆様方にお集まりをいただきまして本当にありがとうございます。まずもって御礼を申し上げます。今日は岡田幹事長が新しい体制になって、初の遊説と言うことで、この十勝にお越しをいただきました。岡田幹事長すいません、代表戦で鳩山さんに入れてしまいました。(観衆笑い)

 岡田さんが代表選挙を立候補を表明をしたあと、わたくしは岡田幹事長のお部屋にお伺いをしました。「23日、十勝にお越し頂く予定になっておりますが、大丈夫でしょうか」と。「どんな結果になっても行くから心配ない」と、こう岡田さんに言っていただきました。大変心の広い方だなと思いました。
 
 わたくしは北海道出身の代議士でありますんで、やはり同じ北海道選出、鳩山さんの応援をさせていただきました。理由は二つ。一つはメール事件、また今回の献金事件。二つの党の危機を幹事長として乗り越えました。これから政権交代をしたあと、与党にもしさせていただいた時に、自分たちが信念を持った政策で、国民のためになると思っている政策でも、もしかしたら最初は受け入れられない時もあるかも知れません。そうした時に信念を持ってやっていただける方なんです。

 そしてもう一つは、北海道初の総理大臣として、北方領土返還。鈴木宗男先生と一緒に、頑張っていただきたい。こういう思いを持って、応援をさせていただきました。しかしながら、代表選挙が終わったらノーサイドです。あとは政権を交代することに向けてですね、一丸となって、やっていかなければなりません。

 今日、岡田新幹事長が初の遊説で、この十勝にお越し頂いたということは、大きな意味があったと思います。一つは野党共闘。これは新党大地、民主党、社民党、それぞれがですね、野党共闘でこの北海道で政権交代をしたい、という意味においてが一つと、そしてもう一つがですね、党内融和ということで、わたくしは皆さんご案内の通り、小沢一郎のチルドレン中のチルドレンですから、もう「スーパーチルドレン」なんて新聞に書いてありましたけれども、その私の選挙区に、岡田さんが最初に足を運んでくれたというのは、非常に大きな意味があったと思います。本当に岡田さん、ありがとうございました。

 先ほど、岡田幹事長から、この十勝、本当に将来がある。未来が明るいというお話がありました。ご案内の通り、十勝は農業と、そして建設業、公共投資が車の両輪として、この十勝地域の経済を支えておりました。しかし公共投資が減っていく中で、国からはどんどん、来るお金が減ってくる。こうした中でですね、どうしていったらいいのか。政治を一旦変えなければ、どんどん縮小していくんではないか。こういう思いでですね、恐らく多くの有権者の方が、まだ民主党は不安だけれども、一回政権を変えて、新しい政治に賭けてみよう。こういう思いで応援を頂いているんだろうと思います。

 岡田幹事長が新しい本を出しました。「政権交代」という題名です。その中で岡田幹事長が「政権交代をしたら何をやるんですか」という問いに、「改革をしなければいけない」。「改革とは何ですか」という問いに対して、「今までの時代に合わなくなった仕組みを、新しく作り替える」と。こう岡田幹事長は著書の中であらわしておりました。

 今までは右肩上がりの経済の中で、年金制度、その他の社会保障制度が作られていきました。現役世代がお年寄りを支えるという構図が、いま徐々に崩れつつあります。国民年金を納めることが出来ない方が4割近くに達している。じゃあ、その仕組みを変えるためにどうしたらいいかということで、私どもは子供手当、2万6千円を支給して、少子高齢化対策。政権交代を実現したら行なうということを、示させていただいております。

 そして今、公共投資。非常に厳しいですから、新しいクリーン産業へ、または介護や福祉、こうした所に雇用を見いだして、雇用を支えることが出来る。そういう方々の受け皿をどう作っていくかというときに、これからヘルパーやまたは介護・福祉産業で働いている方の所に、予算を厚くしていこう。こういうことをお訴えさせていただいているんです。

 そしてもう一点は、政権交代をして行なわなければならないのが、小泉政権以来、行き過ぎた規制緩和。これをどのようにもう一回、国民の皆様方が安心して生活できるような体制にして行くかということです。ひとつは郵政民営化の問題。そして例えば今、タクシーが沢山走っておりますけれども、このタクシーも規制緩和をしすぎたために、供給過剰に陥り、ドライバーの給料が下がる。そしてそれが、会社が維持できなくなったからと言って、運賃を上げざるを得なくなった。結果的に利用者にとってマイナスだった訳です。ということは規制緩和自体が、失敗だった。じゃあこの行き過ぎた規制緩和をどの部分がですね、日本の国民が安心して暮らせる水準に保とうかということを、もう一回、考え直さなければいけない時期にしているのではないかと思います。

 私どもは、政権交代を実現してですね、先程来申し上げているように、ひとつは今まで時代にそぐわなくなった仕組みを変えるということ。そして行き過ぎた改革があったら、それをもう一回見直すということ。そしてもうひとつは、税金の無駄遣いをやめるということ。これらを実現をして、この十勝地域を元気にして参りたい。

 鈴木宗男先生、私が参考人聴取を受けた時にも、「石川君、俺の百分の一だから大したことない」と。「俺を見てみろ」と。こう力強く、本当に励ましていただきました。

 今日は岡田幹事長、そして鈴木宗男新党大地代表、このお二方がですね、この十勝から、まずは政権交代ののろしを上げるために、遊説をしていただきました。

 皆さん、私は立候補したとき、皆さん多くの方々からですね、「お前は絶対受からない」と。「お前が受かるはずないだろう」と。「相手見てみろ」と。何度言われたかわかりません。でも、一生懸命十勝大橋に立ち、自転車に乗り街頭で訴え、ようやく多くの方々の賛同をいただける所まで参りました。皆さんあと一歩なんです。あと一歩! もうあと一歩というところに、来ております。どうかみなさん、これから岡田幹事長、鈴木代表と共に、また頑張って参りますので、どうか最後の最後までよろしくご支援のほどをお願いいたしまして、本日の街頭からの訴えを終わらせていただきます。本当にありがとうございました。


【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!
石川選対本部長の池本柳次道議

 みなさん、酩酊記者会見のことは忘れていないと思います。国内外に日本の政治、どれほど不信感を与えたか。もう、酩酊はご免と言わなければいけません。あのような政治家は、あとは壊れていくだけです。どうかみなさん、人々の生活の匂いをしっかり嗅ぎ取って、政治の中でみなさんの手で育てていただきたいのは石川ともひろであります。


【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!


同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言
【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補
【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ
NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会
雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き
SATOグループが香港本社の大手会計事務所トライコー・グループと提携し、中小企業のアジア進出と多国展開を支援
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言 (2019-03-25 10:50)
 【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補 (2019-03-21 15:58)
 【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ (2019-03-19 18:30)
 NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会 (2019-03-12 11:38)
 雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き (2019-03-11 10:44)
 SATOグループが香港本社の大手会計事務所トライコー・グループと提携し、中小企業のアジア進出と多国展開を支援 (2019-03-09 11:03)

Posted by 北方ジャーナル at 15:15│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
【演説追加】岡田克也登場!帯広藤丸前に2千人!
    コメント(0)