さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 切られた「小沢辞任」カードの行方【2】

2009年05月12日

切られた「小沢辞任」カードの行方【2】



 5月11日夕、代表辞任を正式表明した「小沢会見」の波紋が早くも(というか予想通り)広がりつつある。お膝元の当の民主党内では安堵感と不安感が交錯。「やっと辞めてくれた」という声と「小沢以外で戦えるのか」といった声が入り乱れ、自民党や政府与党筋からは「代表を続けてくれた方が総選挙に有利だった」「新代表の行方も含め民主党に関心が移るのではないか」といったやや貧乏臭い(笑)懸念も聞こえてくる。

 前回の【1】の最後で私は、「今回の小沢代表の辞任表明は端的に言って、民主党内部の足並みの乱れにその主因がある」と書いた。西松献金事件以降に吹き荒れた逆風に、党として一丸となって毅然と向き合うことができない現状──。このことに小沢代表が相当危機感を深めたことは想像に難くない。

 政治資金規制法虚偽記載の容疑で公設秘書が逮捕された一件以来、津波のように押し寄せた検察のリーク報道、そして結果的に形成された民主党と小沢代表への以前より冷ややかな世間の目線。そしてなによりもこれらによって生起された党内の狼狽と推進力の減退を、これ以上看過できなかったというのが本音であろう。

 今回の逮捕・起訴が一部検察の暴走か、はたまた国策捜査か、あるいは国民目線の摘発かはともかく、政局を見極める小沢の政治バランスは「自ら代表を辞する」という選択に傾いた。本人にしてみれば「政権を獲る」という“小沢将棋”の一局面、長考の末の一手なのであろう。

 世論、そして与野党含めて「小沢は西松事件で政治とカネに関する説明責任を果たしていない」という指摘がいまだに目立つ。金庫番の逮捕や報じられている金額が突出している点がこのような声を誘導していることは想像に難くないが、私には冷静さを欠いている批判に思える。小沢代表擁護云々ではなく、まず指摘そのものが平等性を欠いているからだ。政治資金管理団体をダミーにした西松建設からの企業献金、そして少なくない金額が問題とされるなら、身の覚えのある政治家は相当の数にのぼる。さらに公設秘書が逮捕・起訴された容疑は政治資金規正法違反の「虚偽記載」という微罪であり、あっせん収賄といった企業と政治家の癒着を裏付けるものでもない。

 私が危惧するのは「これだけもらって、しかも金庫番まで捕まったんだから何かあるんじゃないか」という“小沢への漠然とした不信”が見事なまでに世論とメディアで醸成されていることだ。「小沢は説明責任を」と合唱連呼しても、このことそのものを冷静に検証し、疑問を提起するメディアは極めて少ない。この“漠然とした不信”が持つ危うさを、過去の「ムネオバッシング」も含めメディアは何度も経験したはずではなかったか。

 この中で最近、週刊朝日は「検察の劣化」と題して、西松建設事件以降のマスコミ報道を検証する大きな特集を組んだ。その内容の評価は読者に委ねるにしても、前記のような情勢下に大手週刊誌媒体として一石を投じた意義は決して小さくないだろう。

 かねてから本誌でも私は何度も書いてきたが、総選挙とは、政府与党が行なってきた政策の「通信簿」を国民がつける機会であり、我が国の政治体制を有権者が選択する場である。来るべき総選挙では、05年の「郵政解散」で小泉自民党が大勝して以来、政府与党が日本をどのように導いてきたかが、まずは問われていることを国民は忘れてはならない。民主党の主張を待つまでなく「官僚主導の国家運営とその随伴者であった自民党」という政治体制そのものが今般のテーマになっていることも自明である。評価や視点も含め、ここにこそメディアは広く論を起こすべきだろう。

 安倍や福田の政権投げ出し、麻生首相の失言癖や中川元財務大臣の酩酊騒ぎ、小沢代表周辺のカネの問題──。政治の舞台では常にさまざまな出来事が起きる。それぞれの事件を報じ、論じることはむろん必要だ。だが、「木を見て森を見ない」ような報道のあり方は本末転倒であり、それこそ亡国の水先案内になりかねない──。  (く)


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル4月号まもなく発売へ
令和元年初日の朝に祈る
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル4月号まもなく発売へ (2020-03-12 15:06)
 令和元年初日の朝に祈る (2019-05-01 22:57)
 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン (2019-04-30 23:25)
 ススキノで帰宅難民になりかけた夜 (2019-02-22 09:46)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)

Posted by 北方ジャーナル at 11:38│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
切られた「小沢辞任」カードの行方【2】
    コメント(0)