さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 切られた「小沢辞任」カードの行方【1】

2009年05月11日

切られた「小沢辞任」カードの行方【1】


【制作・配信】THE JOURNAL

 民主党の小沢一郎代表は5月11日午後5時から党本部で記者会見を開き、代表職を辞任する意向を正式に表明した。後任については補正予算の成立を待って「まとまらなければ代表選挙を」とし、後継指名をしない立場を強調。辞任の理由を「あくまで挙党態勢を作り上げ政権交代を目指すための決断」と説明し、「私は政治資金規正法に則って適正に処理しており、一点のやましいところもない」と、いわゆる西松献金事件がらみの政治責任と今回の辞任が無関係であるとした。

 今後の身の振り方については「新代表のもとで挙党態勢を確立して総選挙に勝つことが何よりも重要。私も挙党体制の一員として最前線で戦い続けたい」と語り、代表職や次期総理の椅子にこだわらず「この腐り切った政権を倒し民主党を中心とする政権をつくりあげ、真の議会制民主主義の実現を見届けることが私自身の本懐」とした。

「小沢辞任」は、この日午後から報道関係者に伝わりはじめた。ネット上には午後3時前後から「小沢代表、辞任へ」という速報がアップされ、会見前には大手日刊紙の号外まで配られるほど。民主党本部の会見場にはメディアが殺到。同党が記者クラブ制を排していることもあって会見場は大勢の記者らであふれた。

 と、日刊紙風に書いてみたが、こんなことは大抵のメディアが書いている。問題は、今回切られた「小沢辞任」というカードがどんな展開を見せていくかということだ。

 今回の小沢代表の辞任表明は端的に言って、民主党内部の足並みの乱れにその主因がある。前原誠司元代表や渡部恒三最高顧問といった党内の「早期辞任論者」に配慮したというより、小沢代表の危惧は党としての推進力がしだいに落ちつつあることだったと私は見る。西松献金事件で津波のように押し寄せた検察のリーク報道、そして結果的に形成された民主党と小沢代表への以前より冷ややかな世間の目線。事件の内実がどうであれ、これらの逆風に一丸となって毅然と向き合うことができない民主党に「体力の限界」を感じたのではないか。(続く)



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
令和元年初日の朝に祈る
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 令和元年初日の朝に祈る (2019-05-01 22:57)
 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン (2019-04-30 23:25)
 ススキノで帰宅難民になりかけた夜 (2019-02-22 09:46)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)

Posted by 北方ジャーナル at 19:12│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
切られた「小沢辞任」カードの行方【1】
    コメント(0)