さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › キリンビールが北海道地区事業方針を発表

2009年01月29日

キリンビールが北海道地区事業方針を発表



 28日、キリンビール北海道統括本部と北海道キリンビバレッジメルシャンがキリン札幌ビル(札幌市中央区北1条西10丁目)で会見を開いた。会場には、キリンビール北海道統括本部長の羽山英明氏、同社千歳工場長の井上勝訓氏、北海道キリンビバレッジ取締役社長の石井眞一氏、メルシャン北海道支店長の越川和彦氏が出席。09年の事業方針をそれぞれ発表した。

 まず、羽山統括本部長が08年の北海道地区におけるビール・発泡酒・新ジャンル合計の販売数量が対前年比6%減と苦戦したことを総括。北海道地区は昨年2月の価格改定の影響を特に大きく受けたエリアであるとし、09年の目標である08年比2%増に向けて、「定番商品の強化」「健康志向への対応強化」「総需要拡大」という3つの課題を挙げた。

 会見では、春までに新発売やリニューアルが予定されている商品の紹介も行なわれたが、この日の目玉は今春で発売20年を迎える「キリン一番搾り生ビール」。麦芽100%としながらも、同社独自の醸造技術である「一番搾り製法」を駆使することで渋みを抑制。麦芽100%によりコクや旨みを増しながら、さらに澄みきったうまさを実現したと自信を見せた。

 会見後は、同フロア内で3社の新商品の試飲懇談会も行なわれたが、ここでも一番人気は「新・一番搾り」。麦芽100%ありきで開発されたわけではないというだけあって、その味わいはコクがありながらも実に軽やか。既存の麦芽100%生ビールとの差別化が明確なので、その点が市場でどう評価されるのか注目される。

 このほか、メルシャンが誇る人気ワイン「ボン・ルージュ」シリーズに新登場する「有機ワイン」(2月18日発売)などと並んで、メディアの関心を集めていたのは、キリンビバレッジの「キリン発酵ウコン」(3月24日発売)。ここ数年で市場が大きく広がったウコン飲料だが、独特の苦みを敬遠する層に着眼した同社は、秋ウコンを乳酸菌発酵させることでヨーグルトテイストの味わいに仕上げた。コンビニやスーパーのみならず、容器形状やサイズの工夫により自販機でも販売される「キリン発酵ウコン」は、先行他社にとって大きな脅威となるに違いない。

 同会見の情報は、2月14日発売の北方ジャーナル3月号でも紹介する予定だ。(ひ)



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール
1万2千人が歓喜した北見の春、カー娘凱旋
【訃報】社会医療法人カレスサッポロ元理事長・西村昭男氏が逝去
ガンプラビルダーズW杯、世界一は道内在住の女の子!
土屋ホームスキー部の創設者、 葛西らを育てた川本総監督が退任
すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール (2018-04-21 12:16)
 1万2千人が歓喜した北見の春、カー娘凱旋 (2018-03-22 18:23)
 【訃報】社会医療法人カレスサッポロ元理事長・西村昭男氏が逝去 (2018-03-05 12:05)
 ガンプラビルダーズW杯、世界一は道内在住の女の子! (2017-12-22 08:00)
 土屋ホームスキー部の創設者、 葛西らを育てた川本総監督が退任 (2017-11-04 13:39)
 すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝 (2017-05-11 09:51)

Posted by 北方ジャーナル at 11:42│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
キリンビールが北海道地区事業方針を発表
    コメント(0)