さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年12月06日

「胡桃」で考える



 ラーメン好きを公言する筆者が、昔ながらの札幌味噌ラーメンで最もウマい店だと思っているのが、昨シーズンも紹介した豊平区月寒東のラーメン専門店「胡桃」(くるみ)だ。

 地元密着型の市場「いこいストアー」の斜向かいにある同店は、かなり分かりにくい場所にある。外観も昭和レトロが感じられて、わざわざタクシーに乗って来店する本州客がいるようには見えないが、地元のお客さんはもちろん、さらには評判を聞きつけて来店したラーメンファンまでも魅了する人気店なのである。

 昼時に近くを通ることがあると、「みそラーメン」(600円)のグレードアップ版である「特製くるみラーメン」(700円)の深~いコクを味わうべく立ち寄るのだが、先日久々に暖簾をくぐると、開店直後の昼前とはいえ珍しく先客がなかった。

「こんなに空いてるのって、珍しいですねぇ」
「それが最近、珍しくないのさ。何でもかんでも値上がりして財布の紐が固くなっているでしょ。常連さんも回数が減ったりとか、家族連れが減ったりとかね。気持ちは分かるんだけど、商売としては辛いよね」
「あ~、分かります。僕も毎日ラーメン食べれないですもん。公園の横にクルマを止めて弁当を食べているサラリーマンが、増えたような気もしますよね」
「前はさ、近くで工事なんかがあると『作業員の人たちが来てくれるなあ』なんて思ってたのよ。でも最近は来てくれないんだよね。コンビニでタバコを買うついでに弁当を買っちゃうみたい」
「景気対策を出せない政府が悪い! ついでにタスポも悪い!」
「いや、そうは言わないんだけどさ(笑)」

 そんな会話をしながらも、口中でとろける絶品チャーシューや特製麺とスープの奏でるハーモニーに感嘆していたのだが、そこでちょっと考えた。不況のあおりで万が一、こんなに旨いラーメン店が潰れるようなことがあれば、先々景気が回復したところで何の楽しみがあるというのか。

 業績悪化で真っ先に削られるのが広告宣伝費だ。雑誌業界もまさしく不況業種のひとつなのだが、こんなときでも、いやこんなときだからこそ、喰わねど高楊枝の精神で「地元遺産」を保護すべく粉骨砕身しなきゃならんのである。

 その意気を買うぞという企業の皆様。北方ジャーナルはただ今、08年を締めくくる出血覚悟の歳末特価で広告を募集しております(ひ)



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
「胡桃」で考える
    コメント(0)