さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 北海道の臓器移植医療に貢献するイーグルグループ

2008年10月31日

北海道の臓器移植医療に貢献するイーグルグループ

北海道の臓器移植医療に貢献するイーグルグループ
寄付目録を北海道移植医療推進協議会・池田久實副理事長(写真右)に手渡す美山社長(29日午後)

 29日午後、道内パチンコ大手のイーグルグループ(正栄プロジェクト・美山正広社長)は、札幌市内の本社でNPO法人北海道移植医療推進協議会へ寄付目録を贈呈した。

北海道の臓器移植医療に貢献するイーグルグループ 臓器移植医療の権威として知られる北大医学部の藤堂省教授との縁もあって、5年前の2003年から北海道の臓器移植医療を支援している同社では、イーグルグループ各店に設置している「愛の一玉ボックス」にパチンコファンから寄せられたパチンコ玉やコインを金額に換算して、NPO法人北海道移植医療推進協議会へ毎月寄付を続けており、“愛の一玉運動”と名付けられたこの取り組みは、同社の主要な社会貢献事業として位置付けられている。

 またイーグルグループでは、これとは別に同社独自に年間60万円、また同社が特別協賛している「イーグルグループカップ札幌オープンチャリティゴルフトーナメント」のチャリティで集めた金額なども合わせて寄付を続けており、平成15年8月からの寄付金総計は、1350万円(寄付玉・寄付コイン分918万円)に達している。

 贈呈式に先立って挨拶に立った美山社長は、

「臓器移植医療の重要性が少しづつ社会に認識されてきた状況ですが、現実にはまだ12000人以上の方々が臓器移植を心待ちにしています。やはりこの現状を目の当たりにしますと、ドナーカードの普及をはじめ各種の取り組みをさらに広げていかねばならないと痛感しています」

 と語り、同社として「今後も全力でお手伝いしていく」ことを約束していた。




同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める
新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は?
太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催
写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催
すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌
北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める (2020-01-29 13:00)
 新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は? (2019-04-01 18:06)
 太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催 (2019-03-03 17:29)
 写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催 (2018-11-25 18:07)
 すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌 (2018-09-20 17:58)
 北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今 (2018-09-15 14:17)

Posted by 北方ジャーナル at 15:48│Comments(1)ニュース
この記事へのコメント
はじめてコメントいたします。
腎臓移植や肝臓移植をキーワードに調べていたところ、こちらのサイトへたどり着きました。
助かる命がそこにあるのなら、少しでもお役に立ちたいと臓器移植に関していろんなサイトを閲覧しています。
少しでも多くの人たちを助けたいと考え、微力ながらも行動しています。
こちらのサイトは参考になり大変助かりました。
ありがとうございました。
Posted by 腎臓移植について at 2011年02月10日 14:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北海道の臓器移植医療に貢献するイーグルグループ
    コメント(1)