さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 石井栄三のサハリン・ライブレポート(その6)

2008年08月31日

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その6)

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その6) 好評のうちに(?)お届けしております同時中継的なブログルポ、「石井栄三のサハリン・ライブレポート」の6回目です。

 石井さんノッてます。またまた31日の昼すぎに報告が届きました。っていうかほとんど観光? ま、それはともかく生のサハリンが、よく伝わってきますね~。ちなみに水風呂でゴキゲンなのは誰なんでしょうか? もしかして石井さん…?(汗)。



【8月31日/石井コメント】

 シジミは湖の権利を持っている会社の責任者と会って、サンプルを手配して貰いますが、値段の交渉などしています。月曜日にもう一度折衝する予定です。

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その6)
 ユジノサハリンスク郊外にあるリョーシャさんのお宅を訪ねました。リョーシャさんはお父さんが韓国人、お母さんが日本人です。ロシア語、韓国語、日本語が話せるので、60歳を過ぎた今も、通訳などの仕事をしています。家は平屋で2部屋とダイニングキッチンでペチカがついています。暖房や料理に便利な設備です。各部屋へはパイプでお湯が通っていて、冬も暖かくすごせます。

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その6)
 サハリンでは貸し切りサウナが人気があります。サウナ、パーティールーム、ベッドルームなどがセットされていて、グループで訪れて数時間過ごしていくケースもあります。水風呂は12mプールです。これも好調な経済のなせる業です。



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
【第3報】タカハシグループに事業を承継した「ボストンベイク」前代表・津田彰彦氏に訊く。「ほっとしたのが正直な気持ち」
【続報】タカハシグループ入りで一線を退いた「ボストンベイク」創業者、津田彰彦氏が狙った事業承継
焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任
北大総長を解任された名和豊春氏が文科大臣と大学を提訴へ
札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び
ススキノ助成金で「9団体優先」を撤廃。新たに500事業者を助成へ
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 【第3報】タカハシグループに事業を承継した「ボストンベイク」前代表・津田彰彦氏に訊く。「ほっとしたのが正直な気持ち」 (2021-01-12 17:38)
 【続報】タカハシグループ入りで一線を退いた「ボストンベイク」創業者、津田彰彦氏が狙った事業承継 (2021-01-11 17:14)
 焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任 (2021-01-09 10:40)
 北大総長を解任された名和豊春氏が文科大臣と大学を提訴へ (2020-12-05 02:02)
 札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び (2020-11-16 17:49)
 ススキノ助成金で「9団体優先」を撤廃。新たに500事業者を助成へ (2020-08-07 13:45)

Posted by 北方ジャーナル at 17:38│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
石井栄三のサハリン・ライブレポート(その6)
    コメント(0)