さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)

2008年08月29日

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)稚内のミニコミ誌「市民の声」の編集・発行人で本誌の現地特派員(?)としてもお馴染みの石井栄三さんが、8月28日から9月2日までの日程で、ロシア・サハリン(旧樺太)のコルサコフ市(旧大泊)を訪れている。滞在中、リアルタイムで現地の様子を本ブログで伝えてくれることになったので、折にふれてアップしていくことにしよう。題して「石井栄三のサハリン・ライブレポート」。

 その2では、コルサコフ市に到着した石井さんが送ってくれた現地の様子などを本人のコメントとともにお届けします。

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)
【8月28日/石井コメント】
サハリン紀行スタートします。稚内からサハリン・コルサコフ港までは5時間30分の船旅です。今日は約70人の乗客で、50人が外国人です。日本とサハリンは2時間の時差があります。サハリン・コルサコフ港は雨。雨の中で荷揚げ作業が行われています。経済活性化を受けて、日本からの輸入も拡大しています。主に小樽から運ばれる荷物です。

石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)
【8月29日/石井コメント】
サハリンは松茸の季節。サハリンは北海道と同じくらいの面積ですが、人口は約60万人しか居ません。自然が豊かな島です。路上で松茸を売っていました。1kg2920円です。レストランに頼んで、焼いて食べました。香りが食卓を包み、美味しさに思わず顔がほころびました。日本ではこんな贅沢はできませんね。ユジノサハリンスクには、日本食レストランが5店あります。すっかりロシア人に溶け込んでいます。ただしこんなレストランを利用できるのは富裕な人達に限られています。


石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は?
太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催
写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催
すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌
北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今
アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は? (2019-04-01 18:06)
 太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催 (2019-03-03 17:29)
 写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催 (2018-11-25 18:07)
 すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌 (2018-09-20 17:58)
 北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今 (2018-09-15 14:17)
 アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール (2018-04-21 12:16)

Posted by 北方ジャーナル at 09:26│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
石井栄三のサハリン・ライブレポート(その2)
    コメント(0)