さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ススキノ › 「フーゾク」経営者が激白した業界の真実

2008年05月08日

「フーゾク」経営者が激白した業界の真実

「フーゾク」経営者が激白した業界の真実
インタビューに答える住香支社長

 本誌で好評連載中の「ススキノを斬る!」では、ここしばらくススキノの性風俗をテーマにした特集を手がけてきたが、5月15日発売の6月号では、「経営」側の立場と事情に迫ってみた。

「フーゾク」経営者が激白した業界の真実 今回、「ほろ酔いインタビュー」にお招きしたのは、ススキノで15の店舗を展開するYESグループ(本社横浜)の札幌支社長である住香一志(すみこう・かずし/37)さんだ。住香支社長の語りは多岐に渡ったが、一貫してこの仕事に対する誇りや責任感が感じられ、業界としての自主努力も明らかにされた点が興味深かった。法律的な矛盾、世間のねじれた目線がどうであれ「社会で必要とされる仕事」を彼らが恥じる必要は全くないという印象が残った。

 その内容は本編でじっくり確認していただくとして、「少しくらい読ませろ」との読者の声無き声に勝手に配慮し、担当記者が記したインタビュー記事の前文をここでは紹介しておこう。

 ──前号まで二度にわたってお届けした現役風俗嬢インタビュー。性産業を支える現場の担い手でありながら、同時に生身の女性としての人生を抱える彼女たちは、どこかクールで達観した趣きを醸していた。

 では、そんな彼女たちを日々現場に送り出す男たちは、どんな思いを抱えているのか。歓楽街の真ん中に身を置きながら、何を考え、どんな表情でその仕事に就いているのか。
「何年かかるかわからないけど、せめてもう少し社会的に認知される職業にしたい。そう思ってるんです」

 そう。この世界には、20歳代、30歳代の数年間を駈け抜けていくだけの女性たちもいれば、“男子一生の仕事”としてこの道を選んだ男たちもいる。利用客の顔は十人十色、下は20歳代から上は80、90歳代まで。学生やフリーター、無職の遊び人もいれば、誰もが名を知る有名企業の社員、公務員、医師、政治家に到るまで幅広く、つまりは実に多くの消費者から確実に必要とされている職業だ。だがその反面、それに携わる人たちの社会的ヒエラルキーは、相変わらず底辺すれすれと言っていい。

 マチの灯を守り続ける裏方の人生を、少しだけ覗いてみよう。ススキノ地区内でファッションヘルス店を経営する複数の業者の中から、ひとりの若きトップが編集部の呼びかけに応えてくれた──。



同じカテゴリー(ススキノ)の記事画像
7月号のSUSUKINO PICKUP GIRLでは、ニュークラブの老舗、赤門倶楽部の赤倉はるかちゃんが登場
次号本誌の「SUSUKINO PICKUP GIRL」にガールズバー・チキータのジェシーちゃんが登場予定
次号のススキノ企画は、ガールズバー「HOTDOG and ROCKS GOD」のメイジーちゃんが登場
ススキノにライブとお酒とガールズが融合した未体験空間が誕生
風俗嬢のOnとOff:なつみさん(ミセスシレナ)
ススキノに「SKY GARDEN 365」間もなくオープン!
同じカテゴリー(ススキノ)の記事
 7月号のSUSUKINO PICKUP GIRLでは、ニュークラブの老舗、赤門倶楽部の赤倉はるかちゃんが登場 (2019-05-30 23:04)
 次号本誌の「SUSUKINO PICKUP GIRL」にガールズバー・チキータのジェシーちゃんが登場予定 (2019-03-24 00:30)
 次号のススキノ企画は、ガールズバー「HOTDOG and ROCKS GOD」のメイジーちゃんが登場 (2019-01-30 12:45)
 ススキノにライブとお酒とガールズが融合した未体験空間が誕生 (2017-07-17 13:08)
 風俗嬢のOnとOff:なつみさん(ミセスシレナ) (2011-10-18 14:20)
 ススキノに「SKY GARDEN 365」間もなくオープン! (2011-05-13 20:37)

Posted by 北方ジャーナル at 15:27│Comments(0)ススキノ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
「フーゾク」経営者が激白した業界の真実
    コメント(0)