さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


2008年01月19日

あれ!? 「らーめんの たくみ館」

あれ!? 「らーめんの  たくみ館」 昨年暮れ、北区の北大通り沿いに移転オープンした「らーめんの たくみ館」。もとは「バリ屋」だった場所だが、いろいろ噂を聞いていたので興味を持って入店した。

 その噂というのは、旭川の人気店「らーめんや天金」に味が似ているというものである。実は筆者、もらい火で焼失して現在地に移転する前から「らーめんや天金4条」の大ファンで、ここの塩ラーメンは日本一、世界一、宇宙一だと確信している。

 旭川周辺で取材があると聞くと真っ先に立候補するのは、実を申せば「天金」の大盛り塩ラーメンを食べたいがためなのである(え、編集部内ではバレバレだった?)。

 入店してメニューを見ると、ラーメン以外に定食メニューも各種ある。ん、ラーメン専門店ではないのか。これで本当にメチャウマの「天金」を味わえるのか、と怪訝に思ったが、素早く塩ラーメンの大盛りを注文。値段は忘れたが、確か730円だったような…。

 カウンターが高く、職人さんの手技は全く見えない。ちょっと心配になったが、出された塩ラーメンを見て驚いた。チャーシューの形状、白いシナチク。見た目は確かに「天金」である。

 スープを一口すすると、おお! これは思慕する「天金」の味。感動を覚えて麺を掴んだところで「?」。あれ、麺は違うみたい。完食はしたが、心境は複雑であった。スープと具は「天金」なのだが、麺がイメージと違うので違和感が先立つ。大盛りの麺の量が「天金」より少ない点もちょっぴり悔しい。

 でも、スープは「天金」に限りなく近い。旭川に行く機会が少ないときは、こちらのお世話になろうと思う。
(ひ)



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
「スズランキッチン」の樋口がコロナ対策製品で地域に恩返し
小樽の嶋影商店が4年ぶりにオリジナル純米吟醸酒「おたる島影」を販売 コロナ禍の中、火災を乗り越えた加賀の蔵元がエール
ホテルオークラ札幌の「桃花林」がテイクアウトサービスをスタート
コロナ換気対策にも寄与。ゼロエネルギーで常に空気を入れ替える、コスパも優秀な「グッドマン換気口」
ホテルオークラ札幌が食で魅力を伝える「オホーツクフェア」開催中
本道スポーツの聖地、札幌ドームを会場に「サッポロクラシック発売35周年記念缶」寄付金贈呈式
 「スズランキッチン」の樋口がコロナ対策製品で地域に恩返し (2021-01-13 09:00)
 小樽の嶋影商店が4年ぶりにオリジナル純米吟醸酒「おたる島影」を販売 コロナ禍の中、火災を乗り越えた加賀の蔵元がエール (2021-01-08 15:49)
 ホテルオークラ札幌の「桃花林」がテイクアウトサービスをスタート (2021-01-04 10:45)
 コロナ換気対策にも寄与。ゼロエネルギーで常に空気を入れ替える、コスパも優秀な「グッドマン換気口」 (2020-12-23 11:36)
 ホテルオークラ札幌が食で魅力を伝える「オホーツクフェア」開催中 (2020-11-03 10:26)
 本道スポーツの聖地、札幌ドームを会場に「サッポロクラシック発売35周年記念缶」寄付金贈呈式 (2020-10-20 17:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
あれ!? 「らーめんの たくみ館」
    コメント(0)