さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › NOVA、これって救済?

2007年11月07日

NOVA、これって救済?

  10月26日に会社更生法の適用を申請して経営破綻した英会話学校最大手のNOVA(統括本部・大阪市)のスポンサーに、学習塾経営の「ジー・エデュケーション」(本社・名古屋市)が決定した。全国に650カ所以上あるスクールのうち、採算性の高い30カ所を引き受けて早期に開講。今後は最大200校を目標に展開していくという。

 NOVAの管財人弁護士は、「支援先として応募した企業の中で、ジー社の提案が受講生の保護、従業員の雇用で群を抜いていた」と11月6日の会見で語ったそうだが、30校を10億円で買い取っただけで債務を一切継承しない“救済”にどのような意味があるのか。

 生徒が前払いした受講料は要するにパー。25%の追加料金を払えば継続受講できるというが、それも通える場所にスクールが残ればの話だ。

 講師・社員の雇用で“群を抜いていた”という管財人弁護士のセリフも、なかなかの迷言と言えよう。ジー社の親会社の会長は、アンチ・NOVAの発言を繰り返してきた人物として知られる。多くの講師・社員はジー社での再雇用を望まないことを見越しての発言だろうが、万が一思惑が外れれば数少ないスクールが芋洗い状態になること必至だ。

 1日に管財人弁護士とNOVA幹部社員がミーティングした席では、最低300校以上は残るとの方向性が示され、幹部社員らは一般社員の退職を最低限に抑えるよう全国の拠点に指示を出したという。それがまあ、フタを開けてみれば生徒、講師・社員の誰しもが落胆する売却劇。

 管財人弁護士は、誰のためにスポンサーを探していたのか。給与明細だけ渡され、銀行振込がないなかで生徒のクレームに対応してきたNOVA社員たち。退職届を出しても離職票が届くまで2週間以上かかるとのことで、就職活動もままならないそうだ。清算手続きの方が、まだしも精神衛生に良かったのではないか。

 NOVAウサギが、寒風に揺れている。
(ひ)

■関連記事

NOVA問題、道労基が大阪地検に捜査協力?
http://hoppojournal.sapolog.com/e453825.html



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催
写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催
すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌
北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今
アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール
1万2千人が歓喜した北見の春、カー娘凱旋
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催 (2019-03-03 17:29)
 写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催 (2018-11-25 18:07)
 すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌 (2018-09-20 17:58)
 北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今 (2018-09-15 14:17)
 アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール (2018-04-21 12:16)
 1万2千人が歓喜した北見の春、カー娘凱旋 (2018-03-22 18:23)

Posted by 北方ジャーナル at 13:20│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
NOVA、これって救済?
    コメント(0)