さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 波乱含みの予感? 民主党北海道が新春パーティーを開催

2012年01月29日

波乱含みの予感? 民主党北海道が新春パーティーを開催

波乱含みの予感? 民主党北海道が新春パーティーを開催
荒井聡民主党北海道代表をはじめステージに勢揃いした衆参国会議員


 民主党北海道の2012年新春パーティーが1月28日夕、札幌パークホテルで行なわれた。衆参国会議員や道議、市議のほか行政、経済界から1000人近くが集まり、日本舞踊・和太鼓も披露される中、和やかに歓談が繰り広げられた。

 年末に決まった北海道新幹線の札幌延伸や北海道に優位性のある食産業を国際ビジネスに成長させるフードコンプレックス国際戦略総合特区の認定など、民主党政権が北海道を重視している姿勢をアピール、道内経済界首脳らと熱心に話し込む姿も見られた。

波乱含みの予感? 民主党北海道が新春パーティーを開催
鏡開きで乾杯の音頭を取る日本商工連盟道連合会会長の高向巖氏


 鏡開きでは、日本商工連盟道連合会会長の高向巖氏や道経済連合会会長の近藤龍夫氏、ホクレン会長の佐藤俊彰氏、道市長会会長の田岡克介氏らが参加。高向氏は乾杯の音頭で「北海道新幹線札幌延伸を実現してくれたことに感謝します」と述べた。

 民主党政権に代わってから2年半、国民が民主党に託した期待は裏切られている感が強いが、荒井聡民主党北海道代表は「政権交代2年半の間に自殺率が減り結婚する人が増えて出生率が上がっている。さらに高校進学率が高くなった。民主党政権に変わって明るい兆しが出ている」と前置きしつつ、「約束したマニフェストが守られていない指摘があることは承知している。自民党政権時代には税収が60兆から50兆円もあったが、政権を受け継いだときは40兆を切っていた。プライマリーバランスを取るためには財政再建を避けて通れない」と弁明に終始していた。

 それでも、「北海道では、今まで自民党政権では成し遂げることができなかった新幹線の札幌延伸や第二次補正予算を合わせて開発予算実質100%(前年度比)を確保した。戦略的な日本プロジェクトとして認定されたフードコンプレックスもある。自民党政権では起き得なかったことを私たちが起こしている」と訴えた。

波乱含みの予感? 民主党北海道が新春パーティーを開催
北海道へラブコールを欠かさなかった輿石東幹事長


 来賓として出席した輿石東民主党幹事長は飛行機の遅れからパーティーが始まって30分以上経ってから入場。輿石氏は挨拶で17年前に鳩山元総理が民主党の旗を立て、自由党との合併を経て政権交代の風を起こしたことに言及し、「北海道・札幌には夢があり明日がある。民主党に春が来るのか、そんな心配もあるが必ず民主党に春はやってくる」と北海道から始まった間違いのない政治を続ければ、国民の信頼は回復することを宣言した。

 さらに、道内選出の衆参国会議員が北海道軍団と別名で呼ばれるほど野田政権には怖い存在であることをアピールし、「北海道の議員団を抜きに民主党は語れないし、第180通常国会も動かない」とリップサービスも忘れず、要職についている各議員の名前を上げて参加者に印象付ける演出も欠かさなかった。

 会場には、新党大地・真民主の鈴木宗男代表も顔を見せ、輿石氏が挨拶の中で「鈴木代表には2回も3回も幹事長室に足を運んでいただいた」と気遣う一幕もあった。消費税増税や政局をめぐり波乱含みの2012年。新春パーティーの後は、シビアな国会論戦が民主党を待ち受けている。 (さ)






Posted by 北方ジャーナル at 17:09│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
波乱含みの予感? 民主党北海道が新春パーティーを開催
    コメント(0)