さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催

2011年12月20日

藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催

藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催
観光関係者など240人あまりが祝福に駆けつけた(12月19日夕、札幌市内で)


 札幌市民に長年親しまれてきた藻岩山のロープウェイ・観光施設がリニューアルされ、クリスマス直前の12月23日にオープンする。この再整備事業の完成を祝い「リニューアル記念パーティー」が19日夕、札幌市内のホテルで開催された。

「もいわ山ロープウェイ」を運営する第三セクター、札幌振興公社(星野尚夫社長)の主催。当日は札幌市の関係者をはじめ観光関係者など約240人が駆けつけ新たな門出にエールを送った。

 パーティーの冒頭、挨拶に立った星野社長は「おかげさまで本日午前に竣工式を迎えることができました。関係者のご尽力により素晴らしい施設に仕上がったと自負しています。“環境と観光の調和”“高齢化社会に向けてのバリアフリー化”。今回のリニューアルでは、この2つをテーマに整備を進めてきました。今後は市民はもちろん観光客の皆様、世界中の方々に観ていただく施設として頑張っていきたい」などと述べ、意気込みを披露した。

藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催
挨拶で意気込みを語る星野社長


藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催
上田市長の代理で出席した生島副市長



藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催
乾杯の音頭を取る高向会頭


 続けて来賓の生島典明副市長が挨拶。「今回のリニューアルは検討開始から約10年の歳月をかけて完成したもの。藻岩山と一連の観光施設は市にとって重要な観光資源です。厳しい条件の中で自然環境の保全、そしてバリアフリー化に配慮しながら整備を進めていただいたことに心から敬意を表したい」とする上田文雄市長の祝辞を代読した。

 次には札幌商工会議所の高向巌会頭が登場。「大人気間違いなし。唯一心配なのが混雑すること」と会場を笑わせ、乾杯の音頭を取った。歓談の輪が会場に広がるなか、今回のリニューアルの全貌を伝えるスライドも上映され、参加者たちは設計を担当した著名な建築家、光井純氏(光井純&アソシエーツ建築設計事務所代表)の説明に熱心に聞き入っていた。  (く)





Posted by 北方ジャーナル at 16:14│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
藻岩山の再整備を祝い「記念パーティー」を開催
    コメント(0)