さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 札幌地検のドレスコードはユルかった

2010年06月28日

札幌地検のドレスコードはユルかった

札幌地検のドレスコードはユルかった
 気づけばノーネクタイも許容範囲内。雪駄・手拭いもそのうち世界標準になるでしょう
 (28日夕、札幌市中央区の札幌地方検察庁)


 28日、札幌市内は暑かった。札幌管区気象台によると、市内の最高気温は31.6度で(午後8時現在)、この夏一番の暑さを記録したことになる(同観測課)。本誌記者(ん)は、午前中から足は雪駄履き、頸には手拭いをぶら提げた唐変木な佇まいで市内を徘徊、某所でインタビューに励んでいるふりをしたり、某某所でホームレスの皆さんと一杯やったりなんぞに忙しかったのであった。

 最後に辿り着いたのは中央区の札幌地方検察庁。この日、同地検では2度目になる“オープン”記者会見が開かれることになっており、本誌(ん)も参加登録していたのである。むむ、検察の皆さんを訪ねるのに雪駄・頸手拭いでいいのだろうか。いいでしょう、たぶん。なんかよくは知らんが、明治時代の羽織ゴロの皆さんとか、おそらく靴なんか履いてなかっただろうし、ハンカチーフなんぞというハイカラな小道具も持ち合わせていなかった筈だ。時代が変わってもやってることは同じ。行きましょう、これで。

 極めていい加減な足取りで地検を訪ねた雪駄・頸手拭い男は、受付の衛視さんにその出で立ちを咎められることもなく、案内の検事さんに制止されることもなく、司法記者クラブの記者さんに呆れられることもなく(実は呆れられてたのかもしれないけれど)、会見を開く次席検事に厭がられることもなく(実は厭がられてたのかもしれないけれど)、何の問題もなく記者会見に参加することができたのであった。あれれ。ちょっと拍子抜け。自意識過剰だったかしら、私。

 前回に引き続き会見中の撮影・録音が禁じられている理由を問うた雪駄記者は、前回に引き続き「カメラを持ち込んではいけないのです」と諌められ、しかしながら前回に引き続き一眼レフカメラを庁舎内に持ち込んでしまっていたのであり、前回に引き続き脳内が大量の疑問符で満たされてしまったことだ。ほか、フリーの記者さんからなぜか大相撲の取材対応について次席検事の所感を問う質問などがあったが(事実)、これはやはり尋常ならざる暑さゆえだったのか。

 ともあれ、面妖なのは撮影・録音禁止、雪駄・手拭い容認。うむ。科学に強い有志に請う、雪駄型ICレコーダーと手拭い型デジタルカメラの開発を――。   (ん)


Posted by 北方ジャーナル at 21:09│Comments(5)
この記事へのコメント
何これ?ついに顔まで晒してホントに自意識過剰だわ。

雪駄だろうが手ぬぐいだろうが止められるわけないじゃんよ。

服装で差別されたって市民からクレーム入るかも知れんのに。

つーか、一体何のアピール?役所を試して楽しんでんの?

やってることが世の中なめきった素人ブロガーと同じなんだけど。

だからマスゴミって言われて信用されてないのが解らんの?。

どうせ承認しないんだろうけどな。
Posted by 公務員 at 2010年06月29日 00:59
 書き込みありがとうございます。

> ホントに自意識過剰だわ。
 いやあ、それほどでも。
 ついでに本名と連絡先も晒しておきますので、何か情報提供などありましたらご一報ください。
 小笠原 淳  090・8270・1435

> 役所を試して楽しんでんの?
 正解です。

> 世の中なめきった素人ブロガーと同じなんだけど。
 それ以下かもしれません。

> だからマスゴミって言われて信用されてないのが解らんの?。
 「ゴミ」はもしかしたら正しいかもしれませんが、残念なことに「マス」ではありません。


 末筆ながら、日々の公務ご苦労さまです。今後も、お手すきの際にこのような形でご協力いただけると幸甚ですが、きっとお忙しいでしょうから無理にとは申しません。

 じゃあねー。
Posted by 小笠原 淳 at 2010年06月29日 12:12
どんな服装だろうと、どんな看板背負っていようとバカはバカ。
公務員から信用されるようなマスゴミは、存在価値のないマスゴミゴミ。
Posted by 通りすがり at 2010年06月29日 18:59
唐変木という漢字を、初めて知って感激してたら、
過激なコメントがついていて、感動しました。
公務員になれなかった、どっかのお気の毒な方なんでしょうねえ。
なんだか胸を打たれました。
公務員から信用されればみんなマスゴミ、っていうのもすごいなあ。
ゴミと言われたくないマスコミさんは、
窓口で、何を言っても徹底的に疑われる人間にならなくっちゃダメですね。
その意味では、
手ぬぐい片手に雪駄履きで地検へ通い続ける限りは、常に怪しい感じがぷんぷんしてますから、
(ん)さんはセーフですね!
Posted by ファンファンファン at 2010年07月01日 09:58
小笠原記者は格好云々ではなく、そもそも顔がダメです。
しかし、先日、ノーネクタイのスーツ姿で議事堂に赴いたわたくしのオドオドした態度に比べれば立派なものです。
制服制帽の方々が全員こちらを向いていたので、暴力を生業としたヒトに間違われないよう気を遣ったの何の。
Posted by 柏倉 at 2010年07月01日 22:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
札幌地検のドレスコードはユルかった
    コメント(5)