さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › キャンドルナイトでボサノバナイト

2010年06月20日

キャンドルナイトでボサノバナイト

 キャンドルナイトでボサノバナイトカナダの「自主停電運動」にヒントを得て2004年から始まった「さっぽろキャンドルナイト」は、さまざまな人がさまざまな形でゆるやかに繋がるイベントとして知られる。例年、夏至(今年は6月21日)前後には市内各地の名所や商店街で“消灯”をキーワードに、多種多様なイベントが開催されている。

 キャンドルナイトでボサノバナイトそんな中で19日夜、豊平区の月寒教会で「生活クラブキャンドルナイトコンサート2010」が開かれた。今年出演したのはボサノバユニットである「ふかまちかずひこトリオ」。キャンドルの繊細な灯りのなかで、ギター、チェロ、ヴォーカルのトリオを演奏する軽やかでしっとりとしたボサノバが披露され、集まった観客を魅了していた。

 キャンドルナイトでボサノバナイトこのトリオでヴォーカルとパーカッションを務めたのは、「札幌カフェボサ」を主宰する若本香織さん。ブラジルに研修旅行に行った際、ボサノバをはじめとするブラジルミュージックの虜になり、以後はパフォーマー兼プロデューサーとして札幌を中心に活躍していることは本誌でも紹介ずみだ。

 サッカーのワールドカップでブラジルの戦いに注目が集まる中、真夏に向けてボサノバ関係の催しも増えているようだ。この夏はサンバのリズムで乗り切るっきゃない!?

 ちなみに今回のコンサートは冠に名前があるように、生活クラブ生活協同組合・北海道(本部札幌、船橋奈穂美理事長)の主催。  (く)



Posted by 北方ジャーナル at 23:28│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
キャンドルナイトでボサノバナイト
    コメント(0)