さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 大地望(忘)年会に意外なゲスト

2009年12月20日

大地望(忘)年会に意外なゲスト

大地望(忘)年会に意外なゲスト
松井社長(写真左)、鈴木代表(写真右)と共に挨拶した青木副会頭

 新党大地の「第5回望(忘)年会 『大地祭』」が12月20日、札幌市内のホテルに党員ら500人を集め開催された。会には八代英太同党副代表、小林ちよみ衆議(民主)、民主北海道の佐野法充幹事長、衆院比例議員などが姿を見せたが、中でも意外だったのが札商の青木雅典副会頭。
 
 会の最後、締めの挨拶をしていた株式会社松井ビルの松井雄吉社長が、突然青木副会頭に声をかけて壇上へ促すと、会場の一部から理由は不明だが「おいやめて!」「いい加減にせえ!」という怒号が飛んだ。

 青木副会頭は、
 
「商工会議所副会頭の青木です。微妙な立場で、大変苦しんでおります(笑)。選挙応援に、鳩山由紀夫さんを励ます会というのがありまして(6月27日)、グランドホテルで、1200人ぐらい集まったそうです。そこで鈴木宗男さんに乗せられまして、松井さんに乗せられまして、挨拶は全然なしと。ただ行って、顔だけ出せと。
 行きましたら、壇上に名前が書いてありまして、一言、と。頭が真っ白になりました。まあそんなことで、その時にご挨拶したのが、そんな時で、テレビや新聞社、沢山来ておりました。
 経済界から私一人、乗せられまして、まあ、乗せられた、って、大変悪いですけども、半分喜んで行ったかも知れませんけども、その後、自宅、会社、ある党からガンガンやられました。まあ、それは仕方ないと思うんです。
 私は鈴木さん見て、5年ぐらい前から、『青木さん、心をくれ』って言うんですよ。心やったら人間死んじゃうんですけども、しかしあの、世の中には本音と建前というのがありまして、私はあのう、松井さんと同じで、本音でずっと生きてる男なんです。
 じゃあ、建前で心あげます、ということは、裏を返すと本音になりそうなんで、今日はこのぐらいで終わらしていただきます。
 (鈴木)先生で私が尊敬できるのは、胃を切った。いろんなことで気持ちも萎えてた。それがこんな元気になるっていうのは、私は思想とかそういったものはこちらに置いといて、こんな馬力のある人は、私だったらとっくの間に参ってると思うんです。さっき聞いていても、素晴らしい迫力ですよね。これは人生の先輩、わたくしの方が74(歳)ですから、先輩だと思うんですが、この素晴らしい迫力。これは見習いたいと思ってます。どうぞひとつ、北海道のために頑張っていただきたい。
 えー、商工会議所は、今日は会場にはあんまり来てないと思うんですけど、与党と協力するというのが商工会議所の、なってます。与党は今、民主党です。そういうことになってるそうですから、私もそれは当然だと思ってます。えー、マスコミはあまり書かないようにして頂きたいと思います。
 そういうことでございまして、それじゃ、突然の指名ではございますけれども、一本締めやりますのでご唱和いただきたいと思います」
 
 と語った。

大地望(忘)年会に意外なゲスト
 
 09年はついに政権交代が実現し、外務委員長にも就任した鈴木宗男代表。天皇の政治利用問題や選挙違反関連、参院選候補者選びから帯広市長選、「貨物新幹線をやるぞ」といった謎の情報などについて言及した。詳しい内容をお知りになりたい方は、新年1月15日発売の本誌2月号をぜひお読み下さい。 (ご)




Posted by 北方ジャーナル at 23:08│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
大地望(忘)年会に意外なゲスト
    コメント(0)