さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 大通ビアガーデンで「本質」に遭遇する

2009年08月13日

大通ビアガーデンで「本質」に遭遇する

大通ビアガーデンで「本質」に遭遇する
大盛況の大通公園で開催されているビアガーデン

 人、人、人でごった返している。テーブル席はおろか芝生の上でも宴会状態だ。歩いていると、人いきれにビールの匂いが混ざって何とも…。ショボイ天気に泣いた7月の分まで取り戻す勢いで大通公園で開催中のビアガーデンは混んでいた。

 別に飲んでいたわけではない。カメラを下げてウロチョロしていたのだ。

 〆切が明けた直後の11日、知人から「紹介したい人がいる。今夜会えないだろうか」との連絡が入った。人物モノを手がけている記者を同行して急遽ススキノに向かうことになったのだが、編集部から、その記者に「ついでに大通(公園)でやっているビアガーデンのイメージ写真撮ってきて!」とオファー。かくして私も、その仕事の一部を手伝わされるハメになったしだい。

大通ビアガーデンで「本質」に遭遇する
このド派手なバイクは…

 そんな私の前にいきなり現れたのが写真のド派手なバイク。あらま。今回の総選挙に彗星(?)の如く登場した噂の「新党本質」さんではありませんか。確か本部は東京だったはず。それが何でこの北の大地に、何でビアガーデンなんでしょうか。さらに代表の佐野秀光さん(39)もいらっしゃる。これは取材するっきゃないでしょう。

大通ビアガーデンで「本質」に遭遇する ──ところで代表、どうですか。選挙戦の手応えは。
 佐野 う~ん、まあ本当に受かるとは思ってませんからね。言いたい事があって、やらしてもらってます。
 ──自殺するくらいなら臓器提供してくれって、結構、過激な主張をされていますが。
 佐野 3万人ですよ。年間自殺している人。命を粗末にするなという意味も込めてます。ぼく自身膵臓が悪くて、臓器提供を待っている身なんですよ。


 用事を控えていたため早々に辞去したが、本人にお目にかかって分かったのは、ただの目立ちたがり屋ではなさそうだということ。後で佐野代表の履歴などをチェックしたが、なかなかのビジネスマインドをお持ちと拝察した。インシュリンの自己注射を日常としながら学生時代に起業し、「本質」を突いた事業の数々で成功するなど、相当なガッツがあると見た。

 ちなみに佐野代表の近著は「好きなお酒でヤセられる」(青萠堂)。なんでも、その方法で自身が半年間でマイナス40キロの減量に成功したそうだ。

(確かにお酒だけ飲んで、ロクにご飯食べなかったらヤセるかもなあ…。っていうか。それって体に悪いだろっ!)    (く)




Posted by 北方ジャーナル at 11:50│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
大通ビアガーデンで「本質」に遭遇する
    コメント(0)