さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 大地塾7月に菅家利和さん。佐藤優氏北見で謎の企画とは?

2009年07月31日

大地塾7月に菅家利和さん。佐藤優氏北見で謎の企画とは?


8月は北見がヤヴァイ! あの佐藤優氏が同地で何を語るか?

 新党大地の「大地塾7月例会」が7月31日、札幌市中央区にある「かでる2・7」で行なわれた。

 今回のゲストはいわゆる「足利事件」で逮捕され、DNA再鑑定の結果、無期懲役から17年6カ月ぶりに自由の身となった菅家利和さん(写真左)。鈴木代表の弁護も担当する佐藤博史弁護士と共に、その逮捕から獄中生活までを語り、いまだに謝罪していない当時の担当刑事2人の実名を公表するなど興味深い内容であった。
 
 ところで、この日の司会役を担当した佐藤優氏が、何やら恐ろしい企画が進行中であることを明らかにした。

「私の友人の、検察関係に詳しい魚住昭さん、"キツネ目の男"で有名な宮崎学さん、香山リカさん、元検察の郷原信郎さん、山口二郎さんなどと、8月10日から14日まで、小樽、札幌で3日間、そして最後は北見でシンポジウムを行なう。思ったことを率直に語り合うそのテーマは『小泉・武部時代の終焉』だ」
 
 と佐藤氏は語り、「北見から北海道が変わると私たちは思ってるんですよ。武部さんの素顔をどういう風に見ているのかも含めて、語り合いたいなと考えている」と語っていた。
 
 これは一体、どういった話が出てくるのか。全く想像がつかないのだが、このたび最高裁が上告を棄却したことで、晴れて前科一犯の民間人となり、支持政党が新党大地であることを明らかにした元「外務省のラスプーチン」こと佐藤氏が、尻に火がついた某偉大なるイエスマンの地元でどういった手腕を見せるのか、大変注目である。恐らく全国のマスコミが北見に大集合、ということになるのは間違いない。 (ご)


鈴木宗男代表と松山千春氏




Posted by 北方ジャーナル at 23:15│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
大地塾7月に菅家利和さん。佐藤優氏北見で謎の企画とは?
    コメント(0)