さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 麻生総理、「最近眠れない」との噂

2009年02月13日

麻生総理、「最近眠れない」との噂

麻生総理、「最近眠れない」との噂 テレビ報道によると、麻生総理の側近は「(麻生氏は)最近眠れないようだ」と語っているとか。
 
 昨夜の「小泉発言」から、メディアは再び小泉、小泉のオンパレード。テレビはあのライオンヘアーをドアップで何度も映しながら、その発言を繰り返し報じている。同時に会合に出席したチルドレンや某イエスマンなど「小泉教」信者達の、妙に勢いづいたコメントを付け加えている。
 
 要するに麻生総理は駄目だ、選挙は戦えないよ、ということなのだろう。何とか誤魔化してきた自民党も、それを認めざるを得ない状況に来ているようだ。これがどういう動きを見せるのか。

 麻生総理は、元々郵政民営化には反対だったようだ。こういう記述がある。
 
 そのため民営化のプロセスでは、原案から最終的な法案の作成に至るまで、所管官庁であった総務省をはずすことが最も肝要だった。当然これは、さまざまな軋轢と問題を生じさせた。それでもなお、民営化法案の作成過程で情報が外部に筒抜けとなっていたことはよく知られている。また、法案が最終的に自民党総務会の了承を得た直後の〇五年五月、総務省幹部が小泉首相の命によって更迭されるという事件が起こった。直接の人事権者である総務大臣も抗し切れないほどの強い圧力が首相からかけられたことを意味しているが、逆に言えば、首相官邸と総務省との対立と軋轢はそこまで深刻だったのである。

 しかも、総務大臣は麻生太郎という実力者であった。民営化という基本方針はともかく、法案の内容をめぐる調整では、ストレートな民営化を推進する竹中大臣と総務省の利害を背負った麻生太郎との間で厳しい交渉が続けられた。特に、最終局面となった〇五年の四月二、三日の折衝では、麻生の竹中に対する攻撃的な姿勢は尋常ならざるものであったと伝えられている。「あんたはみんなに嫌われている。それがわからんのか」(山脇「郵政攻防」)とは、この時麻生から竹中に投げつけられた言葉である。四月二七日に総務会で法案の国会提出が了承された後にも、麻生は「修正するのは立法府の当然の権限だ」と語っている。つまり総務省は、大臣の影響力や権限を使ったのはもちろん、役所の組織リソースと郵政族議員のネットワークを動員してぎりぎりまで抵抗したのである。
(「自民党政治の終わり」野中尚人(ちくま新書)より)

 「あんたはみんなに嫌われている。それがわからんのか」と、当時の麻生総務大臣は竹中平蔵特命担当大臣に言ったらしい。今となってはその言葉をそのまま返してあげたい気がするのだが、今回の「郵政民営化は反対だった」発言で竹中氏に「罪をかぶせた」のも、これで頷けるだろう。
 
麻生総理、「最近眠れない」との噂

 しかし、マスコミによる再びの小泉発言ラッシュには、違和感を感ずるところだ。05年衆院選で、自民党のメディア対策部門である「コミ戦」が広告代理店などと組んで情報操作を行ない、マスコミがそれにまんまと乗せられてしまったことを忘れてはいけない。
 
 読売新聞が2月5日に発表した「首相にふさわしい人」という世論調査では、1位がなんと小泉純一郎(14・4%)、2位が小沢一郎(13・7%)、3位が舛添要一(7・5%)で、4位が麻生太郎(4・7%)だったという。全く、日本人は一体どうなっているのか、何も考えていないんじゃないかとも思うのだが、いまだに小泉氏は人気のようだ。もう地方が疲弊しようが病院がなくなろうが、失業者が巷に溢れようが、どうでもいいんじゃないかという気がしてくる。国民は再び、あのライオン頭が「痛みを伴う改革」を訴えたら、小泉バンザイと投票するつもりなのだろうか。
 
 「国民のレベル以上の政治家は生まれない」と言われるそうだ。漢字が読めず、テレビに出ているのが偉い人と思い込み、自らものを考えずにムードに流され、気分次第で前言を平気で撤回する。これは若き麻生太郎が初出馬の衆院選で呼んだという「下々のみなさん」の姿に重なるのではないか。 (ご)




Posted by 北方ジャーナル at 20:18│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
麻生総理、「最近眠れない」との噂
    コメント(0)