さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる

2008年09月12日

「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる

「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる
 9月11日夕刻、札幌・大通公園8丁目で開かれた「道民生活、経済・産業危機突破1万人集会」(主催・同実行委員会)に、民主党の小沢一郎代表が登場した。

「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる これは現在の原油・物価高に反対する、連合北海道などを中心とする諸団体が集まったもので、会場には小沢代表をはじめ、横路孝弘衆院副議長、新党大地・鈴木宗男代表、社民党北海道・山口たか副代表、そして道内選出の民主党国会議員や札幌市議、道議らが姿を見せた。また行政関係では札幌市の小沢正明副市長(上田市長代理)、そしておや珍しい、高橋はるみ北海道知事もなぜか出席していた。
 
 挨拶に立った小沢代表に、会場から「よっ、総理!」の掛け声がかかった。小沢代表は苦笑しながら、参加者達にこう呼びかけた。(以下全文)
 
 「札幌の市民の皆さん、また道内各地からご参加の皆さん、おばんでございます。今日は本当にご苦労さんです。わたくしは民主党の、小沢一郎でございます。
 北海道の秋。景色も大変良くて、食べ物もおいしいし、これから一番いい季節が訪れようとしております。しかし、その季節とは裏腹に、皆さんの生活を取り巻く状況は、いっそう厳しいものに追い込まれております。給料は下がり続け、年金も上がりません。それどころか、税金も社会保険料もどんどん上がり、さらにはガソリン、食料品はじめ、物価が軒並み上がって、国民の生活は苦しくなるばっかりであります。原油や穀物、材料費の高騰で、農業も漁業も、畜産も中小企業も、本当に待ったなしの危機に直面してると思います。
 わたくしが何度となくこの北海道を訪れまして、皆さんから伺っておりますその声も、もう我慢出来ない、なんでこんなに高齢者が、あるいは農民・漁民が、あるいは中小企業の皆さんが、働く人々が痛めつけられなければならんのか。そういう声が、そして家庭の主婦の嘆きばかりであります。
 この生活と経済の危機において自公政権は、一体国民の生活を守るために、何をしてきたのでしょうか。国民への生活、国民への責任は全く顧みず、そして、なんと一年間で二度も総理が政権を投げ出しました。景気や経済対策も、年金医療も放り出しました。このような自民党政権に、もはや政権を任せているわけにはいきません。
 今、自民党総裁選挙に名乗りを上げている人たちは、みんな安倍政権、福田政権の幹部・閣僚だった人たちばかりではありませんか。誰が総裁になろうとも、何も変わりません。なぜ、まず総選挙で国民の判断を仰がないのでしょうか。わたくしどもは、今こそ国民の皆さんの、主権者の意志を問うべきだと思います。
 わたくしども民主党は、皆さんもご存知の通り、一貫して『国民の生活が第一』と、政治とは国民の生活を守ることだと主張し続け、年金や医療、子育て、農業、雇用、食の安全などの政策、そしてガソリンをはじめ、物価・経済対策を具体的に提案し、法案を国会にも出して参りました。自民党、公明党は財源対策で民主党を攻撃しますが、彼らには役人の言うままに、国債の増発や消費税の引き上げで、帳尻を合わせるという考えしかありません。
 取りやすいところから取る、中央官僚や族議員の利権は、何としても守っていこう。そういう考え方であります。
 わたくしどもは税金の無駄遣いをなくす、そして国のあり方を根本から変えて、本当に大胆に地方分権を進める、財源も権限も、自治体と住民に渡す。それこそが地域を再生する道だと確信しております。
 農業、漁業、畜産、中小企業にテコ入れをして、年金や医療、介護などの国民の安心を立て直す。それが民主党の『国民の生活が第一』の政治であります。
 このまま自民党の政権・政策を続けていたら、本当に日本は、国民の生活は取り返しのつかない状況に陥ることになります。生活を変え、労働を変え、地域を変えていくためには、政権を変えなければなりません。そして国民のための、政治を実行することしか方法はありません。
 道内各地からお集まりの皆さん、この北海道から、ぜひ政権交代ののろしを上げてください。わたくしは、そして民主党は、皆さんの先頭に立ちながら、今日の危機を乗り越え、新しい国民生活を築き上げるために、全力を尽くして参ります。皆さん、一緒に頑張りましょう!よろしくお願いいたします」

「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる
何か、ささやいております。
 
 新党大地の鈴木代表は、「私は来賓でなくて、小沢代表の“付け人”でやって参りました」と語り、「小沢代表の決意みなぎる挨拶を聞いておりまして、これは本物だ、これは期待出来るぞ、と私はグーッと、民主党の方に引きずられたかなと思っております」と持ち上げた。
 
 この日の「ムネオ日記」にはこうある。
 
 -----------
 札幌事務所で打ち合わせをし、17時から民主党北海道合同選挙対策本部事務所開きに顔を出す。公党からの案内でもあり、選挙協力についても協議中なので出席した次第である。
 民主党さんからは各種会合の案内はあるが、自民党の方は選挙協力の要請はあっても会合等については一回も連絡、案内がない。その点、案内がない方がこちらにとっては有難いことだが、気持ちの面ではひいてしまう。様々なことを総合して、選挙協力については然るべき時期に、ベターよりベストの判断をしていきたい。
 
 ------------
 
 どうも某7区の候補者選びの件や、秘書が自殺した某議員の関係などから、自民党(特に道連)が「大地」に対し、距離を置き始めているのではないか。これはもしかすると、次期衆院選では再び「グーッと」民主側へシフトするのかな、という印象を持った。

「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる また、ある意味「敵地」に乗り込むような形となった北海道知事は、まるでその存在を消すかの如くうつむく姿を見せ、挨拶を終えるとすぐ、オリンピック100mダッシュ並みの素早さで「公務のため」と会場を後にしていた。
 










「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる 連合北海道の高柳薫会長は、「今年の流行語大賞になるかも知れないと言われているが、皆さんご存知の『あなたとは違うんです』。そう言って政権を放り投げ、政治空白を作った現政権の責任は大変重大である。政治的な信条、立場を抜きにしても許し難い」と怒りを露わにした。


「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる
 
 横路副議長は、
 
「2~3日前に政府から、『国民生活基本調査』というのが発表されました。それを見ると、全国で57.2%の人が『生活が苦しい』と。過去最悪の数字なんですね。母子家庭の皆さんからは85%の人が、もう生活が苦しい、大変だと、こういう現状になっているわけです。
 それはなぜか。ひとつには収入が減ってますよね。いい時に比べて、平均所得で百万円少なくなってるんですよ。どんどん少なくなっていくばかりです。この中で月給が上がっている人いますか。ほとんど誰もおられないんだと思うんです。
 その上に、物価の高騰です。これはですね、最近になっての話ではなく、去年からガソリンだって灯油だって上がっていたじゃないですか。小麦の売り渡し価格だって、去年の10月から上がってるんですよ。
 そして今年どんどんどんどん上がってきても、『しょうがないものはしょうがない』と言って、何もしなかったのは誰ですか皆さん。今の政府であり、それを支えている自公政権じゃないですか。
 そしてですね、4月-6月がマイナス成長になったんですね。年率でマイナス2.4%。そして農業者や漁業者の皆さんが、これはもう大変だと言って、全国で総決起大会をやられた。それでようやく、総合経済対策なるものを作ってまとめた、臨時国会開こう、ということになったんじゃないんですか。それをまとめた本人が突然辞めてしまった。
 これで二度も辞めてですね、昨日の総裁選見てびっくりしました。誰一人、二度に渡って政権を放り出したことについて、謝る人はいなかったですね。
 そしてあの5人が話しているのを聞いていたら、この原油高の問題にしても、経済の状況にしても、年金や医療や介護の問題にしても、まるでひとごと。自分たちがやってきた結果がこうだということについて、本当に何の責任も感じていない。
 麻生さんが札幌に来て、景気対策で何を言ったかご存知ですか。株の売却益、500万円までは無税にする。これが経済対策だと札幌に来て話したじゃないですか。金持ちの事しか頭にないんですよ。国民のことを全く分かっていない。そして補正予算をつくったにも関わらず、これまでも放り出そうとしている。本当に許すことが出来ません。
 今、日本の景気が悪いのはなぜか。国内的な要素を言うとですね、お金が地域に回ってないんです。大企業は史上空前の利益をずーっと上げてきたでしょ。経団連の会長のキヤノンは、昨年5千億の利益ですよ。トヨタは2兆2千億。そういう利益を上げて、それらのお金どこに行ったのでしょうか。昨年の一部上場企業の純益というのは、25兆2千億円です。半分が株主配当ですよ。株主配当が4倍、そして役員賞与が(純益のうち)2割になっている。働いている人の給料どうなりましたか。中小企業の皆さんも、コストは上がるけれども価格を転嫁出来ない。だから売り上げが上がらないから収益が上がらない。こんなに利益を上げたんならば、キヤノンだってトヨタ自動車だって、協力している会社に、少し配分したっていいじゃないですか。働いている人や、下請けの工場で働いている人にも、ちゃんと給料払ったらいいじゃないですか。だからみなさん、今日のような状況を迎えているわけであります。
 私どもやはり、こうした中で、しっかりと政策転換を図っていく。例えば今、中小企業の中でもですね、緊急なのは、例えば私たちは道路特定財源の暫定税率をゼロにした。あれ2兆6千億ですよ国民の負担が軽減されるのは。まずそのことをしっかりやる政治。
 そしてこの頃は金融庁も、非常に金融機関を締めておりまして、中小企業への貸し渋りがまた出てきてるんです。これだって大変だ。そういう融資をちゃんと充実をする。
 あるいは福祉灯油など、低所得者や非課税世帯の皆さんに対して、しっかりとした配慮の政治をする。小沢さんが言っておられるように『生活第一』に、日本の政治を変えるということが、今日の皆さんの要求を実現する一つの道、それしかないと思います。一緒に頑張りましょう!」
 
 と挨拶した。
 
 最後に参加者達は、2班に分かれてテレビ塔までデモ行進をした。(ご)


「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる




Posted by 北方ジャーナル at 01:37│Comments(1)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
「よっ、総理!」民主・小沢代表大通一万人集会にあらわる
    コメント(1)