さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 連載小説「盲目の相場師」

2008年06月14日

連載小説「盲目の相場師」

連載小説「盲目の相場師」

 初冬を迎える前の一日、親子は寒空の下で焼き鳥を食べる。ヤジは灯油配達のアルバイトを見つけ、ベンは町内の散歩をはじめ、それぞれの時を刻みはじめた。
 第3章「夜の歌」後編は、微妙に揺れ動く心象を描きます。
 成宮修司・作、菊田優子・挿絵。

「北方ジャーナル7月号」は14日に店頭発売されます。
 書店にない場合は取次にご注文するか、小社までご連絡をください。


Posted by 北方ジャーナル at 08:41│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
連載小説「盲目の相場師」
    コメント(0)