さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › サイクロン被災地に救いの手を!

2008年05月10日

サイクロン被災地に救いの手を!

サイクロン被災地に救いの手を!

「ミャンマー:サイクロン被害 援助食糧、空港で足止め
 【バンコク藤田悟】世界食糧計画(WFP)は9日、ヤンゴン空港に輸送したサイクロン被災者向け緊急援助食糧38トンが軍事政権当局によって足止めされていることを明らかにした。同日朝に到着した9万5000人分に相当するビスケットで、規制によって積み下ろしできないという。
 WFPの担当者は「耐え難い事態だ」と述べた。AP通信によると、軍事政権側は「根拠のない非難だ」と反論した。
 一方、軍事政権は9日夜、国営テレビを通じ米国からの支援物資を受け入れると表明した。被災者への配分方法については触れていない。」
(毎日新聞 5月10日 東京朝刊)

 WFPの担当者でなくとも「耐え難い事態」である。こんなときに新憲法案の国民投票を強行するミャンマー軍事政権は、いまだ「アメリカ」が占領する中東某国の過去の政権より、よほど悪質なのではないか。

 日本政府には、人気取りでも何でもいいから、救える命のために汗をかいてほしい。筆者はいても立ってもいられず、とりあえずマンスリーサポーターとなっているユニセフの緊急募金に応じた。

 このまま手をこまねいているなら、国際社会って何だ?
(ひ)


Posted by 北方ジャーナル at 11:47│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
サイクロン被災地に救いの手を!
    コメント(0)