さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 超高級トイレに寄ったワケ

2008年03月25日

超高級トイレに寄ったワケ

超高級トイレに寄ったワケ いや~、疲れました。朝8時に出発して、夜8時半に帰宅。勤務時間としては〆切前と比べて大したことはないが、なんせ走行距離が400キロ以上ですからな。

 その間に寄った目的地は20カ所以上。これを1日で成し遂げるというのは、道路と施設配置を知り尽くしたプロならではの技ですなァ。

 編集部の誰も褒めてくれないので自画自賛したところで本題。筆者は本日、登別市~壮瞥町~洞爺湖町に日帰り出張していたのです。

 ご存知の通り、このエリアは7月の北海道洞爺湖サミットの開催地。全世界の注目を集めること必至ですが、この際、日本の皆さんにもこのエリアの魅力を再認識していただきたい、という次第なのです。

超高級トイレに寄ったワケ

 明日あたりから数回に分けて、筆者のオススメポイントの一部を紹介していく予定ですが、その帰路にヘロヘロになって立ち寄ったのが、今月11日に突如休館した「道路情報館」というワケ。

 全国各地で、道路特定財源を原資とする国土交通省所管の道路PR施設の休館が相次いでいるようですが、この「道路情報館」もそのひとつ。国道230号線沿いの便利な場所にあったので、トイレはちょいちょい利用していたのですが…。

超高級トイレに寄ったワケ やっぱり、とりあえずカネが余っているから使ってしまえという発想が良くなかったんでしょうね。愛娘はドライブシミュレーターなんかを喜んでやっていましたが、これなんか文字通り子ども騙し。いいトシこいたオッサンが遊ぶ(学ぶ?)代物じゃありませんでした。

 休館により、どえらい立派な24時間トイレとなったワケですが、「休館」というからにはそのうちリニューアルオープンするんでしょうか。ちょっと気になりますな。
(ひ)


Posted by 北方ジャーナル at 23:30│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
超高級トイレに寄ったワケ
    コメント(0)