さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 里親制度と元牧師

2008年03月23日

里親制度と元牧師

 篠路キリスト教会の牧師を10年ほど務め、平成18年3月に解任(本人は辞職届を出している)された元牧師のTおよび、離婚して現在は沖縄に住むH子について、さまざまな情報が寄せられている。本誌は取材班を組み、関係者の聞き取りや周辺の取材を進めているが、毀誉褒貶に拘わらず、問題視しているのが現在もT元牧師が続けている里親としての「適正」である。

 里親になるについて特別な資格は必要ないが、以下の審査がある。
1、 心身ともに健全であること
2、 子どもの養育についての理解や熱意と愛情を持っていること
3、 経済的に困窮していないこと
4、 子どもの養育に関し虐待などの問題がないこと

 里子を預かるからには、健全な社会人であることは当然だろう。

 本誌が問題とする部分については、次号からその実態を明らかにしていくが、篠路キリスト教会で、T元牧師が解任される前後に何があったのか。検索してみると「応援サイト」なるものがあるので、興味のある方はご覧いただきたい。
 また、里親制度については厚生労働省で閲覧ができる

 多くの里親・里子にとって、かかる問題は例外中の例外であり、健全な里親は責任を持って養育に務めている。だが、里親の資格あるいは、その適正について、制度そのものにチェック機能の甘さがあるのは確かだ。児童福祉の現場からも、現状に対する不満や意見が聞こえている。読者からの情報提供があれば、ご一報をお願いしたい。(ぢ)


Posted by 北方ジャーナル at 14:05│Comments(5)
この記事へのコメント
本誌からのご注意:

いくつか情報が寄せられておりますが、
個人名をあげての誹謗中傷については、ご遠慮ください。
悪質なものについは、脅迫行為として、通報いたします。
Posted by HJ at 2008年03月25日 00:22
元教会員の川崎と申します。この事件に関し、マスコミの取材が入って、真相が白日の下にさらされることに期待しております。

元牧師夫人H子が運営している(と思われる)ブログ『おのろけタイム』の記事が、昨日削除されました。今般の取材を受けての隠蔽工作と思われます。しかし一部のデータを私がコピーして所持しておりました。H子が、Tとの離婚前から交際していた不倫相手の元副牧師Nと再婚したことについて、自分で正当化している文章です。彼女の人となりを垣間見ることのできる文章だと思います。証拠として、以下に転載致します。

1 今から1年前頃に掲載された文章
「昨日はイース ターでしたね。主イエスの死からの復活を祝うイースター・・・・ 私自身の人 生にもあてはまるような復活。そう、結婚と同じ。結婚生活が死んでも、また復 活できる。離婚しても、再婚すればいいのよ!!そんなことを教えられ、勇気づ けられたイースターでした。」

2 つい最近掲載された文章
「どんな恋愛でも2008年 02月 25日たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。わたし、このわたしは、わたし自身のためにあなたのそむきの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思い出さない。わたしは、あなたのそむきの罪を雲のように、あなたの罪をかすみのようにぬぐい去った。人からの責めも、裁きも、天には及びません。あなたの神さまである主は、どこまでも赦して(ゆるして)くださるお方。果て無き愛をもってあなたをふところに抱いてくださるお方。たとえ不倫をしているから、離婚したから、再婚したから、といって、あなたが罪の意識に苦しむ必要はまったくないのです。形はどうであれ、あらたな恋愛や結婚を通して与えられる主からの恵みを、たっぷりと遠慮なくいただけばよいのです。また、たとえ人を深く傷つけ、恨まれ、憎まれたから、といって、あなたが自分自身を責め、人目を避け続ける必要はまったくないのです。どんな恋愛や結婚であっても、愛にあふれる主はあなたを赦し、すべて受け入れてくださるからです。考えてみてください。人の人生なんか、しょせん100年です。たとえ人から恨まれたり憎まれたりしても、その怨恨は長くても100年しか続きません。でも、主からの赦しと愛は永遠に続きます。不倫や離婚によって人からどう思われようが、気にしなくていいのです。人はわずか100年で死にます。天国において、人は地上でのことは一切思い出さないと聖書にも書かれています。天国に行けば、誰もあなたへの恨みなど持っていないのです。ですから人のことなど気にせず、ただ主の愛に感謝しながら、好きな人と好きなように好きなことをして人生を楽しみましょう。私の生き方がいい見本です。主はあなたを赦してくださいます。恐れることはありません。不倫も、離婚も、再婚も、恥じることなく堂々と明らかにして、人の前でも、主の前でも、胸を張って生きていきましょう。うふふ。」
Posted by 「かば」こと川崎貴洋 at 2008年03月27日 12:44
関係者の皆さまへ:

T元牧師については「弁護士を代理人」に、
H子についても「潜伏」と称して、ブログを閉鎖しました。

もし、間接・直接に関わらず、両名より「報復」と感じられるコンタクトがあれば、当社にご一報いただくか、最寄りの警察署にご相談ください。
Posted by HJ at 2008年03月29日 11:06
適正ですか。
適正ねぇ。
Posted by 漢字検定8級 at 2008年08月16日 20:53
川崎さんはyahoo!知恵袋のcavazionさんですね?
Posted by 匿名 at 2011年06月01日 23:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
里親制度と元牧師
    コメント(5)