さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 春の日差しに道路はじゃばじゃば

2008年03月09日

春の日差しに道路はじゃばじゃば

春の日差しに道路はじゃばじゃば

 名古屋で女子マラソンが行なわれている本日、札幌でも気温が11℃という春の日差しにめぐまれた。渋滞に悩まされた市内の除雪も一通り終わって、アスファルトの露出した道路に、家の前の雪を出してしまいたいお年寄りが出没して、どこもかしこも水びたしの状態。締め切り前に社に詰めて仕事をしていても、車が水を跳ね上げる音がひきりなしに聞こえる。
 当社の近くにある「北園公園」は、まだ厚い雪におおわれ、子供たちの遊び声が聞こえるのはもう少し先になりそうだ。本誌でもお馴染みの河野本道氏によれば、気温を観察していると季節は2週間ほど先行しているという。先月の大雪は例年だと3月に降るべきもので、その分だけ速まっているとのこと。
 農家やゴルフ場には嬉しいことかもしれない。ただし、河野氏いわく「害虫の大量発生など、異変が起きる可能性もある」という。さて、今年の雲行きはどうなることやら。(ぢ)


Posted by 北方ジャーナル at 12:56│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
春の日差しに道路はじゃばじゃば
    コメント(0)