さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 冬道の運転で焦りは禁物

2008年03月02日

冬道の運転で焦りは禁物



 渋滞して車がさっぱり進まないと、ええいとばかりに脇道へ方向転換したくなるが、気をつけないとズルッと滑って接触事故が起きる。たまたま、事故の瞬間を目撃した記者は、事後処理にあたる場面を車内から撮影した。急いで曲ろうとした事故車は、レールに乗っかりスピンして、停車中の車にズドンとぶつかってしまった。
 この事故で15分ほど電車も止まり、後続の電車も詰まって、ますます渋滞した次第。
 今年は大雪の影響か、道内の死亡事故は例年より減っているが、踏切での事故などレールで滑る事故は命取りになりかねない。市内の電車だから事なきを得たが、JRなどの踏切で立ち往生すると、大事故につながる危険がある。
 除雪が遅いという苦情も多く寄せられているようだが、降る雪は止めようがない。除雪の業者も昼夜を問わずフル稼働しており、相当に疲労困憊している。そうした中で事故が起きると、ますます渋滞するエリアが広がるので、互いにゆずりあう運転を心掛けたいものだ。(ぢ)


Posted by 北方ジャーナル at 10:07│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
冬道の運転で焦りは禁物
    コメント(0)