さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 「北区写真展」のフォトモザイク

2008年02月06日

「北区写真展」のフォトモザイク



 さっぽろ雪まつりが5日から始まり、各会場は大いに盛り上がっているようだ。

 大通会場に行ったついでに、ぜひ見てほしいのが、昨年から雪まつり期間に合わせて開催されている「北区写真展2008」。今年は、さっぽろテレビ塔や札幌市役所から近い、さっぽろ地下街オーロラタウンの「オーロラスクエア」が会場となっている。

 会場では、この1年間に北区で行なわれた花植えや街頭啓発といった、まちづくり活動の写真約500点が展示されているのだが、見物は北区の風景を題材にしたフォトモザイクだ。

 フォトモザイクとは、たくさんの小さな写真を使って、ひとつの大きな写真を表現するもの。今回はタテ2メートル×横3メートルの超大型作品が3点展示されており、市民や観光客の目を楽しませている。

 遠目で美しく、至近距離に寄るとその細かな構成に驚かされること必至。屋外で体が冷えた時には、ぜひ地下街に下りて鑑賞してほしい。
(ひ)


Posted by 北方ジャーナル at 17:48│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「北区写真展」のフォトモザイク
    コメント(0)