さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 「麺屋あっち」でアッチッチ

2007年12月05日

「麺屋あっち」でアッチッチ

 ガソリンや灯油の高騰が家計を直撃、食品類のチマチマ値上げもボディーブローのように効いてきた今冬。温かいものを食べて、せめて腹と心だけでも暖を取ろうという方にオススメなのが、札幌市北区のラーメン店「麺屋あっち」(北38条西7丁目)だ。

 麻生緑地に面したマニアックな場所にあるためか、旨さと込み具合が比例していない薄幸なお店(失礼)だが、こってり系札幌味噌ラーメンが好きな方には問答無用で食べていただきたい。

 純蓮の味に惚れたという店主の厚地(あつち)さんが研究を重ねて創り上げたスープは、豚骨系&鶏ガラ系のダブルスープで、野菜の甘みがたっぷり出ている点が特徴。スープは飛び切り熱く、多めのラードのせいか大盛り(2玉)を完食しても最後まで冷めない。かなり多めのニンニクもポイントで、歯ごたえの良い麺(無かん水らしい)とのトータルバランスはかなりの高得点だ。

 店内に漂うニンニク臭は店を出てしばらく経っても身に付きまとうので、匂いを気にする女性やオカマちゃんには要注意だが、コク系の札幌味噌ラーメンを愛する人の期待は裏切らない。

 キノコを使った一杯など店主の創意工夫はいろいろあるが、筆者は680円の味噌一本(大盛りは200円増し)。だって、旨いんだもん。
(ひ)


Posted by 北方ジャーナル at 18:05│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「麺屋あっち」でアッチッチ
    コメント(0)