さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


2020年10月20日

本道スポーツの聖地、札幌ドームを会場に「サッポロクラシック発売35周年記念缶」寄付金贈呈式


北海道観光PRキャラクターのキュンちゃんをセンターに渋谷尚史副代表(右)、大内隆寛観光振興監らによる同式典の記念撮影

今年6月に発売から35周年を迎えたサッポロビールの人気生ビール・サッポロクラシック。この節目に当たり7月7日から発売した限定商品「サッポロクラシック発売35周年記念缶」では、売上の一部を寄付金に充てる取り組みを行なったが、その寄付金贈呈式が10月18日に札幌ドームの記者会見室で行なわれた。寄付金は本道の観光事業支援の目的で、北海道に寄付。式典ではサッポロビール北海道本社の渋谷尚史副代表から道経済部の大内隆寛観光振興監へ目録が手渡された。  続きを読む


2020年10月15日

北方ジャーナル2020年11月号




10月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】北海道大学の闇──敷地内薬局公募の怪②

深まる出来レース疑惑
北大が公募前の調査で“メディシス推し”



10月号で報じた北海道大学(寶金清博総長・以下北大)の敷地内薬局誘致問題の続報だ。先月号では北大が実施した公募型プロポーザルを検証したが、ここにきて最初から特定の業者ありきの出来レースだった疑惑がさらに深まっている。この問題をめぐっては入札妨害の疑いで捜査機関が動いていると巷間で囁かれ、周囲の疑念の声を受けて北大自身も審査過程に関する内部調査に乗り出した。はたして“北大の闇”は晴れるのか──。    (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】北大総長解任事件を紐解く②

求めるのは解任無効
北大へ反撃を視野に名和氏が訴訟を準備



北海道大学の威信が崩れた「名和豊春総長解任事件」から3カ月強。その北大では寶金清博新総長が誕生したが、威信回復には事件の真相解明が不可欠だ。解任の決め手とされた調査報告書は作成段階で当の本人から聞き取りを行なっておらず、“追い出しありきで作られた”と言われても仕方なく、処分に関する一連の書類も本人に渡されていない。これでは罪状も知らされないまま被告となり、一方的に刑を宣告されたに等しい。入手した調査報告書の内容を検証しながら解任後の名和氏の動きを追った。

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈45〉

「触りたいと思って」
わいせつ未遂巡査部長、初公判
検察はストーカー行為で追起訴


礼儀正しくて感じよく、好意を覚えた――。一般女性に暴行を加えるなどして強制わいせつ未遂で起訴された現職警察官(のち退職)が9月下旬、初公判の法廷で起訴事実を認め、被害女性への足かけ5年にわたったつきまとい行為を明かした。地元の検察はストーカー規制法違反で元警察官を追起訴、裁判所では今月下旬から2罪の併合審理を進めることになる。転落の始まりは、交通取り締まり現場での出会いだった。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命⑪

「事実、早く認めて」
看護師訴訟で道内2弁論続く
新人の殉職、再発防止願って



ウイルス禍が収束の兆しを見せない中、自ら命を絶った複数の新人看護師の遺族が起こした裁判が、北海道内で続いている。片や職場のパワハラ、片や異常な過重労働。加えて本号発売直前には、吃音差別を訴えて亡くなった看護師の遺族が労災訴訟の判決を迎えている筈だ。本誌が2017年から追い続けている長い闘い、国や職場が遺族の声に真摯に耳を傾ける日は、いつ訪れるのか。(小笠原 淳)  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー
QRコード
QRCODE