さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


2019年09月13日

サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護


寄付金目録贈呈後の記念撮影(左から横内龍三・北海道シマフクロウの会理事長、猫宮一久・ラルズ社長、住吉徳文・サッポロビール博物館館長)

国内ビール大手のサッポロビール(髙島英也社長)と同スーパーマーケット大手のアークス(横山清社長)は連携して、絶滅危惧種に指定されている天然記念物で北海道を象徴する鳥でもあるシマフクロウの保護に寄与する活動を実施。4月22日から6月30日まで北海道及び北東北のアークスグループ330店舗で、1缶販売するごとに1円をNPO法人北海道シマフクロウの会への寄付金に充てる限定商品サッポロ生ビール黒ラベル「花火缶」(350ml)を販売した。
この取り組み終了からおよそ2カ月が経過した9月11日、両社は同NPOが事務局を置く札幌市中央区の北海道二十一世紀総合研究所で、「花火缶」の60万本販売に伴う寄付金60万円の贈呈式を行なった。  続きを読む


QRコード
QRCODE