さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


2018年11月15日

本日発売! 北方ジャーナル2018年12月号




11月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】紋別漁協検証──市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長2

飯田氏が不適切発言を陳謝
事件の一部始終を語り
「不当な圧力」を否定


この春、阿部滋氏から組合長のバトンを受けた飯田弘明氏(67)が今夏の市議選にからんで漁協の取引業者に不当な圧力をかけ、道警の捜査対象となっていた事件の続報だ。記事を掲載した11月号が発売直後から地元で大きな反響を呼ぶ中、「釈明したい」と紋別から編集部を訪れたのは飯田氏本人だった。記者を前に飯田氏は何を語り、何が明らかになったのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈29〉

「捕まるまで続けたと思う」
連続わいせつ巡査部長に猶予判決
法廷で明かされた“行為”の衝撃



本誌10月号で報告した北海道警察の巡査部長(当時)による公然わいせつ事件で地元の裁判所は10月下旬、元巡査部長に懲役6カ月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。子供相手に下半身露出を繰り返したその人は現在、札幌市内の病院に通って医師の治療を受けているという。判決に先立つ10月上旬の初公判では、彼の倒錯した嗜好が犯行の詳細とともに明かされた。今に到るまで新聞・テレビが報じていない“行為”の実態を、ここに記録しておく。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命5

「不支給」、誤りだった
看護師過労死訴訟、終結へ
国が一転、労災支給認める



「極めて異例と言っていい」――。その報らせを、弁護団は驚きをもって受け止めた。本誌昨年6月号から報告を続けている、新人看護師の過労自殺をめぐる行政訴訟。時間外労働などが積み重なり鬱を発症して亡くなった女性に、国は当初、労働災害を認めなかった。遺族が起こした裁判でもその姿勢は変わらなかったが、この10月下旬に一転、「労災不支給取り消し」を判断することになる。それを吉報というには、あまりに長い時間が過ぎていた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】再犯防止、当事者自ら事業化へ

彼らに“居場所”を――
元受刑者と弁護士が意気投合
来夏にも札幌で飲食店開業へ


まもなく本年版の『犯罪白書』がまとまり、それを採り上げる報道では例年同様「再犯者率」が話題に上ることになるだろう。刑法犯が年々減り続ける中、再犯者が占める割合は上昇の一途を辿り、今や全体の半数に迫る勢いだ。一度罪を犯した人は、もうもとの生活に戻れないのか――。素朴な疑問を抱えた元受刑者が、思いを同じくする弁護士と出会ったことで、小さな試みが形をなし始めた。刑務所を出た人たちの新たな“居場所”が、まもなく札幌で産声を上げることになる。(小笠原 淳)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ
QRコード
QRCODE