さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年10月15日

本日発売!北方ジャーナル2018年11月号




10月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】紋別漁協検証──市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長

権威を振りかざす“浜のボス”
議長の座を狙い業者に不当な圧力か



本誌が昨年から今年にかけて“名ばかり組合員”の件を報じてきた紋別漁業協同組合で新たな問題が噴き出した。この春、阿部滋氏から組合長のバトンを受けた飯田弘明氏(67)が今夏の市議選にからんで漁協の取引業者に不当な圧力をかけ、道警の捜査対象となっていたというのだ。紋別の浜でいったい何が起きていたのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈28〉

道警、なおも「全件公表」拒否
轢き逃げ巡査長、認否に矛盾
わいせつ巡査部長は初公判へ



本誌9月号で報告した現職警察官による重傷轢き逃げ事件。初公判で被告人質問に臨んだ元巡査長は起訴事実を認めつつ、同時に「事故に気づかなかった」とも主張、法廷を混乱させることになる。一方、同時期に開かれた北海道議会では、職員の懲戒処分が未だ全件公表に到っていない事実を質された道警本部長が、今後も一部非公表を貫くと答弁する一幕が。前号で報告した公然わいせつ事件の初公判を前に、地元警察の不祥事を巡る最新情報をお届けする。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】優生思想の罪、法廷へ3

「誤った法が人生狂わせた」
優生保護法訴訟、札幌で初弁論
手術強制・小島さんが意見陳述



国は責任を認め、きちんと謝罪して貰いたい――。本誌7月号で報告した旧優生保護法に基づく不妊手術強制問題で9月下旬、手術の被害者が国を訴えた裁判の初弁論があり、札幌の原告男性が意見陳述に臨んだ。被告の国は「救済制度を設ける義務はなかった」と、請求棄却を求めて争う姿勢を見せている。この日のために改修された傍聴席には障碍のある人などが多く足を運び、かつての優生思想が生んだ悲劇と改めて向き合うことになった。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療観察法「入院施設」の行方

「医療観察」理念浸透半ば
北大病院に道内初の入院施設
立地めぐる住民説明会は紛糾



心神喪失状態で重大な罪を犯した人に刑罰を与えず、治療を通じて社会復帰を促すことを目的とした、医療観察制度。当事者が入院処遇を受ける医療機関は全国に33カ所あるが、法施行から12年が過ぎた今も北海道の施設はゼロ。そんな中、国は地元の大学病院に運営を委託する形で札幌市内に新施設を設けることを決めた。だが開設予定地で初めて開かれた住民説明会では、事前の説明不足を指摘する声が噴出することに。空白地帯の解消には、なお課題が残されているといえそうだ。(小笠原 淳)  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2018年10月11日

胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ


挨拶する名誉委員長古川タク(左端)ら実行委員会のメンバー(10月10日、札幌市内中央区)

【リアルエコノミー提携】第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭(実行委員会主催)が11月2日(金)から5日(月)までの4日間開催される。空港ターミナルビルの映画館「ソラシネマちとせ」などを利用した映画祭で、国内外から募集したコンペティション作品や招待作品の上映が行なわれる。北海道胆振東部地震の被害を受けたターミナルビルでの開催は当初危ぶまれたが、10月6日に映画館を含めてビルは完全復旧、予定通り開催されることになった。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 09:13Comments(0)文化(文芸・アート・音楽)
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ