さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年01月15日

北方ジャーナル2018年2月号




1月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【生活保護】排除」ルールに思わぬ陥穽

「あなたは暴力団員です」
覚えない「登録」で人権侵害
警察情報、本人は確認不能



当然受けられると思っていた行政サービスが、手続きを終える寸前で断ち切られた。役所の担当者が口にしたのは、耳を疑う一言。「あなたの名前が登録されている」――。昨年12月、札幌市で生活保護を利用しようとした男性が「暴力団登録」を理由に申請を却下された。身に覚えがなかったため警察に問い合わせると、事実確認を拒否された。入っていない組織から抜け出る方法など、とても思いつかない――。年が明けた今も、男性は「暴力団員」の肩書きから逃がれられないままだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈22〉

身内の犯罪、墨塗り開示
処分の軽重・公表の有無に特権?
道警不祥事 昨年“第3四半期”続報



北海道警察の職員が処分された不祥事が昨年の第3四半期(7―9月)で計16件に上ることは、本誌昨年12月号ですでに報じた(懲戒処分2、監督上の措置14)。うち14件が未発表だった事実も併せて報告しているが、その後の公文書開示請求により未発表ぶんの中に事件化されたケースが3件あったことがわかった。発表された2件を含めた計5件の捜査の記録を道警に求めると、開示されたのはこれまでにも増して大部分が墨塗りだらけの文書だった――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【政治】道内“民進党勢力”の現状と行方

立憲合流へ加速する離党ドミノ
希望は野党共闘・護憲へと変節

“3党入り乱れ”はいつまで続く?



2018年の年明けを待たず、12月12日に立憲民主党が北海道総支部連合会(以下道連)を設立。また希望の党も12月25日に会見を開いて、松木謙公前衆議を代表とする道連を1月にも設立する方針を発表し、民進党から分かれた2党は、北海道における本格的な組織固めを始めた。道内における“民進党勢力”の行方は今後どうなっていくのか。立憲民主・希望・民進各党幹部への取材からそれを占ってみたい──。


----------------------------------------------------------------------

【報道】道議会新庁舎建設はこのままでいいのか(4)

耐震診断、事業者選定、駐車場問題
一向に疑惑が晴れぬまま今春着工へ



市民団体などが事業の凍結を求めていた道議会庁舎建て替え問題は、2017年10月の定例会で約107億円の建設費を計上した補正予算案を全会一致で可決。新庁舎は今春にも着工される見込みだ。「北海道の未来を拓く会」(新藤大次郎会長・以下拓く会)は昨年11月、建て替えを決めた根拠とされる耐震性の問題などについて2度目の公開質問状を高橋はるみ知事と大谷亨議長、全5会派宛てに提出。だが同月15日付で届いた道からの回答内容は、いずれも納得できる内容ではなく、新庁舎建設をめぐる疑惑は一向に晴れていないとしている。(ジャーナリスト 黒田 伸)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 08:00Comments(0)バックナンバー