さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年08月14日

北方ジャーナル2017年9月号





8月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】標津漁協検証(3)──「クレーム値引き問題」の深層

裁判で問われる幹部の背信
傷ついた“サケ日本一”のブランド



標津漁業協同組合(西山良一代表理事組合長・正組合員数195人、以下標津漁協)の検証報道。3回めとなる本号では、クレーム先に損失補償金1000万円を払った織田美登志専務に損賠賠償を求める訴訟が組合員から提起されている件を中心に報告したい。今から3年前の平成26年1月、春節に沸く中国の地方都市の工場に届いた標津漁協の秋サケ加工品は、待ち望まれていたものには、ほど遠い品質だった。「契約した赤い身じゃない。脂が抜けたホワイトだ」。標津ブランドを揺るがすクレーム問題に、織田専務と漁協はどう対応したのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】経営移管問題が訴訟に発展

「なぜこうなってしまったのか…」
不意の「移管」発表から半年
苫小牧駒澤大、迷走の行方



関係者の1人は「なぜこんなことになってしまったのか」と溜め息を漏らす。設立20年めを迎えた苫小牧駒澤大学(苫小牧市、川島和浩学長)で、不意に沸き起こった経営移管問題。運営法人が本年1月に経営撤退を発表すると、大学設立者の曹洞宗は「事前の説明がなかった」と猛反発、白紙撤回を迫った。7月には在学生らが学校法人を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こすに到る。8月中に見込まれていた国の移管認可も微妙な雲行きとなり、同大周辺の喧噪はしばらく止みそうにない。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】自称「学習・教育コンサルタント」M氏の素顔(3)

裏切られた最大支援者が語る
虚飾にまみれたM氏の5年間

“教育現場から去れ”と最後通告


人の善意を踏みにじる行為は、許されるものではない。福島県出身の自称「学習・教育コンサルタント」M氏の詐欺疑惑が波紋を広げる中、5年にわたり友人として支援してきた男性が怒りの声を挙げた。M氏を糾弾するフェイスブックの告発記事に衝撃を受け、自身も“被害者”の1人だと気付いた。赤裸々な証言から明らかになった、“裏切り”の一部始終とは──。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命(2)

「もっと人間らしい職場に」
原告支援の署名、全国1万6千筆
看護師過労死訴訟で弁論続く




本誌6月号で報告した、新人看護師の過労・パワハラ問題。相継いで自殺した看護師の遺族らが労災申請などを続ける中、昨年12月に提起された民事裁判で8月4日、3度めの弁論があった。過労と自殺の因果関係について争う姿勢を崩さない国に対し、遺族は労災不支給決定の取り消しを訴え続けており、全国から同旨の判決を求める署名も約1万6千筆寄せられている。「医療の現場を、人間らしい職場に」――。遺族の闘いは、まだ終わらない。(小笠原 淳)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー