さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年06月13日

北方ジャーナル2017年7月号、まもなく発売へ


サケの不漁と魚価の低迷が漁師を苦しめている(標津漁港で)

 本日6月13日に7月号が印刷所から届き、明後日15日木曜日の発売に向け準備が整った。本号の中身は是非手に取って確かめてもらいたいが、漁協問題ではオホーツク紋別の続報と共に道東の標津でもレポートを開始したことをお知らせしておきたい。紋別では主に不労漁民と漁協執行部のガバナンス欠如をテーマに扱ってきたが、標津の場合は問題は多々あれど、背景にあるのは漁協組織の内部対立という印象が強い。本号では、疑義が持ち上がったいわゆるアイヌ補助事業を中心に現地を取材した。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:24Comments(0)編集長日記