さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年04月15日

北方ジャーナル2017年5月号



4月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、SPAR、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】紋別漁業協同組合の組合員資格問題を追う(3)

漁協幹部を狂わす“海の利権"
近隣漁協の組合員らも本誌に告発



紋別漁業協同組合(阿部滋代表理事組合長・組合員数152人、以下紋別漁協)の組合員資格問題を追うレポート第3弾である。本号では、本誌報道を受けて集まった近隣漁協組合員の告発、買収まがいの行為が横行している理事選挙の実態を追い、さらには阿部組合長に集まる利権にもメスを入れる。北海道で有数の水揚高を誇るオホーツク海。ここで生み出される“海の富"を一握りの人間が貪り、名ばかり組合員の存在を許す問題の根はいったいどこにあるのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】江別発・パワハラ問題に揺れる友愛記念病院

看護部トップから自殺寸前に
追い詰められたナースが告発



江別市内の療養型病院として知られる医療法人友愛会友愛記念病院(212床・亀井富士人院長)の看護部で、パワハラ問題が浮上している。窮状を訴えているのは複数の看護師たちだ。特に深刻な被害を受けているとされるのが看護主任のSさん(55)。昨年12月以降、N看護部長(60)から長時間にわたる叱責を繰り返し受け、やがて退職を迫られ自殺寸前まで追い詰められたというから穏やかではない。事態の改善に向けて看護師たちは野村直人理事長や亀井院長らと話し合いの場を持ち、幹部らは「改善」を約束したが…。

----------------------------------------------------------------------

【報道】岩見沢・知人男性殺害事件

「私は、嘘つきです」
本当の彼はどこにいるのか
実刑20年 ある殺人犯の独白




知人男性を殴り殺し、殺人などで起訴された彼は、本年2月末に始まった裁判で「悪いとは思わない」「家族も殺すつもりだった」と嘯き続けた。一切の反省を見せない被告人に対し検察は懲役20年を求刑、裁判所も“満額"の実刑判決を言い渡す。「刑務所に入りたい」との悲願を叶えた筈の彼は、その直後に一転、被害者への謝罪を口にし始めた。3月18日、刑が確定。拘置所の面会室でその人――髙橋哲受刑者(61)と顔を合わせた記者は、悪びれず放たれる告白を聴くことになる。「私は、嘘つきです」。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える 《お詫び》

本誌が誤報、道警に謝罪
前号記事に事実誤認
「児童ポルノ」容疑なし




本誌前号掲載《道警不祥事から考える》第14回の記事に重大な事実誤認があったことがわかった。記事タイトルと本文中で触れた「警察官による児童ポルノ公然陳列」は誤りで、そのような事実はないことが前号発売直後に判明、担当記者が北海道警に謝罪した。読者に対しても真実と異なる情報を発信したことになり、本稿を以て謝罪しなくてはならない。誤報の経緯を報告し、改めて当該記事を訂正させていただく。(本誌編集長・工藤 年泰  小笠原 淳)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(1)バックナンバー