さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2016年08月25日

小泉元首相、日本の進むべき“脱原発”の道を力説


引退してもなお“脱原発”に関しては小泉節健在(8月24日夕、札幌パークホテルで)

積雪地帯で除排雪される雪や氷を、冷熱エネルギーとして有効活用する取り組みを推進しているNPO法人雪氷環境プロジェクト(小嶋英生理事長)は8月24日、設立10周年を記念した講演会を札幌パークホテルで開催。講師を務めた小泉純一郎元首相(74)は「日本の歩むべき道」をテーマに約1時間30分、国内における再生可能エネルギーのポテンシャルや、それに伴う脱原発の正当性などについて熱弁をふるった。  続きを読む
タグ :脱原発小泉


Posted by 北方ジャーナル at 15:54Comments(0)政治経済

2016年08月10日

北洋銀行と協会けんぽ北海道支部が中小企業の健康づくりで連携


協定書を披露する北洋銀・柴田副頭取(左)と協会けんぽ北海道支部・大場支部長。8月9日、北洋大通センター4階のセミナールームで

【リアルエコノミー提携記事】道内の中小企業が加入し事業者や従業員、家族の健康保険給付などを行なっている全国健康保険協会(協会けんぽ)北海道支部は8月9日、北洋銀行(本店・札幌市中央区)と健康づくりの推進に向けた包括的相互連携を締結した。協会けんぽは、都道府県単位で運営されており、民間企業とこうした連携を結ぶのは初めて。北洋銀行は、今後取引先企業などの健康づくりをサポート、地域活性化に繋げる。

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 13:43Comments(0)政治経済

2016年07月22日

東日本最大級のものづくり商談会 北洋銀「ものづくりテクノフェア」


植松電機の開発した「CAMUI」


GKIの人型ロボット

【リアルエコノミー提携記事】北洋銀行(本店・札幌市中央区)は21日、東日本最大級のものづくり企業展示・商談会「ものづくりテクノフェア2016」を札幌市白石区のアクセスサッポロで開催した。今年は10周年の節目の年で出展した企業、団体、大学は228と昨年より20増え、過去最大規模になった。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 13:32Comments(0)政治経済

2016年07月11日

【参院選】道選挙区は、自民の長谷川、民進の徳永・鉢呂が制す


参院選全般は“与党支持”の民意が示された。(写真は7月10日午後、札幌市白石区の投票所での一コマ)

改正公職選挙法の施行で選挙権年齢が18歳以上に引き上げられてから初の大型国政選挙で、現政権の経済政策いわゆる「アベノミクス」や、安保関連法の是非などについて争われ、自民・公明・維新・こころなど改憲勢力が国会発議に必要な74議席を獲得するか否かも大きく注目された7月10日投開票の第24回参院選。
北海道選挙区では立候補者10人が3議席を争う乱戦となったが、自民現職の長谷川岳(45)、民進現職の徳永エリ(54)、民進新人の鉢呂吉雄(68)の3名がこれを制した。(敬称略)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 13:01Comments(0)政治経済

2016年06月14日

【参院選】早くもしらけムード? 公開討論会


公開討論会の様子(6月13日夕、札幌市中央区の道新ホールで)

北海道新聞社(本社札幌、広瀬兼三社長)は6月13日夕、札幌市中央区の道新ホールで7月10日投開票予定の参院選を踏まえて、自民・民進・共産の立候補予定者5人による公開討論会を行なった。  続きを読む
タグ :参院選


Posted by 北方ジャーナル at 09:20Comments(0)政治経済

2016年06月13日

北洋銀行が本店の「総務部」を廃止へ。アウトソースで人員再配置


総務部という“聖域”にもメスを入れることを表明した石井頭取

 北洋銀行(本店・札幌市中央区)の石井純二頭取は6月10日、本誌の取材で来る7月から本部における総務関係の業務をアウトソーシング(外注)し、「総務部」を組織として廃止することを明らかにした。本部の人員約800人中、約200人が総務業務についているが、この人員を営業店や企画部門に再配置して経費構造を抜本改革する。日銀のマイナス金利政策は当面続くとみて経営体質を筋肉質なものにしていく狙いがある。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 17:24Comments(0)政治経済

2016年06月11日

課題も鮮明になった「空港民営化」フォーラム


道新主催「動き出した空港民営化」フォーラム(6月10日午後、道新ホールで)

北海道新聞社(本社札幌、広瀬兼三社長)は6月10日、札幌市中央区の道新ホールで「動き出した空港民営化」と題したフォーラムを開催。パネリストに国交省の宮澤康一航空ネットワーク企画課長、北海道経済同友会の横内龍三代表幹事(北洋銀会長)、LCCバニラ・エアの石井知祥会長、蝦名大也釧路市長と、今後空港民営化を巡る議論に直接携わっていく当事者4人が参集した。その4人の言葉から、空港民営化の動きに関する様々な課題が浮き彫りになった。  続きを読む
タグ :空港民営化


Posted by 北方ジャーナル at 02:02Comments(0)政治経済

2016年06月10日

【参院選】道選挙区にまた一人 「こころ」佐藤氏出馬会見


日本のこころを大切にする党・佐藤和夫氏

日本のこころを大切にする党(中山恭子代表)は6月10日午前、北海道庁内の道政記者クラブで7月の参院選道選挙区から出馬する佐藤和夫氏(69)の会見を行なった。同氏は「日本の危機を見逃すな」を掛け声に、「TPPによる北海道の農業基盤の揺らぎや、南シナ海での中国の軍備強化、北海道で加速している中国人による土地取得などに危機感を抱き出馬した」と語る。  続きを読む
タグ :参院選


Posted by 北方ジャーナル at 19:55Comments(0)政治経済

2016年05月28日

横路衆議 後継を道下道議に正式指名


横路孝弘衆議(左)と後継指名を受けた道下大樹道議(5月28日、北海道教育会館で)

北海道知事や衆院議長などを歴任した民進党の横路孝弘衆議(道1区選出・75)は5月28日、札幌市中央区の北海道教育会館で次の衆院選への不出馬を明言し国会議員活動の引退を表明。後継に、同党道議の道下大樹氏(札幌市西区選出・40)を指名した。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 23:57Comments(0)政治経済

2016年05月17日

「北海道経営未来塾」1期生メンバーが決定。塾生代表は石水創・石屋製菓社長


(写真は、塾生代表に就く石水創氏)

【北海道リアルエコノミー提携記事】北海道から世界に飛躍する経営者を育てる目標を掲げる「北海道経営未来塾」の第1期生20人が決まった。この未来塾は、ニトリホールディングス(HD、本社・札幌市東区、本部・東京都港区)元特別顧問の長内順一氏(68)が発案。北海道商工会議所連合会、札幌商工会議所、北洋銀行、北海道銀行、未来経営研究所(長内代表)の5者で構成する実行委員会が開講するもので、札幌市も後援する。北海道から第2のニトリHDやアインホールディングスを誕生させようというのが狙い。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:29Comments(0)政治経済

2016年05月08日

和田衆議、5区補選振り返り「全力投入の総力戦に圧倒」


インタビューに応じる和田衆議(5月6日午後、札幌市厚別区の同氏事務所で)

4月24日投開票の衆院北海道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙で、野党統一候補・池田真紀氏(43)との接戦を勝利した自民党・和田義明衆議(44)。当選後すぐに地元と中央を頻繁に行き来する慌ただしい生活が始まり、勝利の余韻に浸る余裕もほとんどない様子だ。その和田氏に、今選挙戦を振り返っての率直な感想や、衆議院議員としての今後の展望についてインタビューした。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 14:11Comments(0)政治経済

2016年04月25日

【5区補選】全国注視の与野党総力戦は、自民・和田氏に軍配


町村氏の遺影を掲げてガッツポーズする和田氏と夫人

【リアルエコノミー提携記事】参院選の前哨戦として全国的に注目を集めた衆院北海道5区補欠選挙は、自民党新人で公明・こころ・大地が推薦する和田義明氏(44)が初当選した。故町村信孝衆議の娘婿で事務所も旧町村事務所を継承、主が変わった事務所内は当選を喜ぶ支持者たちの笑顔が広がった。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:33Comments(0)政治経済

2016年04月18日

「北海道経営未来塾」がいよいよ始動! 4月28日まで1期生募集中


(写真は、長内順一氏)

【リアルエコノミー提携記事】札幌で創業し、いまや家具・インテリアチェーンとして全国最大手企業に成長したニトリホールディングス(本社・札幌市北区、本部・東京都北区)。その近年の躍進を陰で支えた元同社特別顧問の長内順一氏(68)が塾長を務め、北海道からニトリに続く有望企業を育成する「北海道経営未来塾」が塾生の募集を始めた。日本や世界を動かすトップ経営者たちが講師になり、少数精鋭で企業家を育成する。道内の若手経営者や創業経営者などの応募を4月28日まで受け付けており、選考を経て20人前後で6月にスタートする。来年3月まで月1回開講、受講料は30万円(税込)。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:24Comments(0)政治経済

2016年04月13日

【道5区補選】全国が注目! 今後の政局を占う選挙戦が遂にスタート



選挙戦初日の和田氏(上、江別市民住宅元町団地前にて)と池田氏(下、イオン江別店前にて)

 町村信孝前衆院議長の逝去に伴う4月24日投開票の衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙が同12日に告示された。故町村氏の娘婿で「税収増による北海道活性化」を主な政策に掲げる自民党新人(公明・こころ・大地推薦)の和田義明氏(44)と、安保関連法廃止を目指す野党統一候補である無所属新人(民進・共産・社民・生活推薦)の池田真紀氏(43)の一騎打ちの火蓋が遂に切られた。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 09:50Comments(0)政治経済

2016年04月11日

【5区補選】和田氏応援に菅官房長官来道 アベノミクスの成果強調


演説直後の和田義明氏(右)と菅義偉氏(左)(4月10日昼、札幌市厚別区ビッグハウスイースト前)

4月24日投開票の衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙の告示まで、あと2日と迫った4月10日昼。札幌市厚別区のスーパー・ビッグハウスイースト前で行なわれた自民党公認の和田義明氏(44)の街頭演説に、菅義偉(67)内閣官房長官が応援に訪れた。現政権の中枢を支える菅氏の来道応援に、この選挙で絶対勝利を目指す安倍自民党の、総力戦で臨む強固な意志と、相手陣営に対する危機感が滲み浮かんでいるようだった。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 08:53Comments(0)政治経済

2016年03月23日

【道5区補選】イケマキ応援にシールズや辻元衆議らが参集


5野党の女性議員団と池田氏の街頭演説(左から生活森氏、維新太田氏、民主辻元氏、池田氏、共産高橋氏、社民山内氏。3月21日午後、イオン江別店前)

4月24日の投開票を予定している衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙まで、約1カ月に迫った春分の日の3月20日(日)と振替休日の同21日(月)。この週末2連休、野党統一候補としての出馬を予定している無所属の新人、イケマキこと池田真紀氏(43)の下には、安保関連法廃止の運動を展開している若者グループ・SEALDs(シールズ)の中心メンバー奥田愛基氏や、民主党・辻元清美衆議、維新の党・太田和美衆議、共産党・高橋千鶴子衆議、元文科副大臣で生活の党・森裕子前参議、社民党・山内恵子元衆議ら女性政治家など、安倍政権に「NO」を突き付ける急先鋒らが次々と集まった。

  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:12Comments(0)政治経済

2016年03月18日

道5区補選で民・共打倒へ。ムネオと貴子衆議が怪気炎


大地塾で語る鈴木貴子衆議と宗男氏(3月16日夕)

3月15日夕、札幌市厚別区内のホテルを会場に、約1500人もの支援者、関係者らでごった返す中で開催された衆院道5区補選立候補予定者・和田義明氏(44、自民党公認)の総決起集会。前文科相の下村博文総理特別補佐、茂木敏充党選対委員長といった自民党本部の有力者も応援に訪れる中、一際報道陣の注目を集めていたのが新党大地代表代理として出席した鈴木貴子衆議(30)だった。

同氏は2月26日に民主党から除籍処分並びに議員辞職勧告を受けて以降、今後行なわれる国政選挙では与党候補の支援に回る事を公言していたが、和田氏の集会に参加するのは今回が初めて。同氏が民主党と袂を分かつ引き金となったのが、民主・共産・維新・社民による野党共闘。この野党連合の打倒を目指す貴子衆議の反攻がこの日から始まった。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:01Comments(0)政治経済

2016年03月04日

「環境変化への適応を」ラッキーピエロ・王社長が札幌講演で熱弁


消費者ニーズの変化を熱弁する王社長(3月3日午後、札幌全日空ホテルで)

中小企業の様々な経営相談に専門のコーディネーターが対応する窓口として、経産省が2014年から全国に設置している「よろず支援拠点」。その道内版である「北海道よろず支援拠点」(本部札幌)が3月3日午後、札幌市内のホテルで経営力強化セミナーを開催した。その基調講演に登場したのが“ラッピ”の愛称で知られる道南地域ナンバーワンのファーストフードチェーンを展開する有限会社ラッキーピエログループ(本社函館)の王一郎(おう・いちろう)社長。王社長は「B級グルメ地域ナンバー1、〜パワーブランド戦略〜」をテーマに、今の時代を生きる中小企業が重視すべき経営論をパワフルに指南した。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 19:51Comments(0)政治経済

2016年02月23日

道5区補選 注目の野党統一候補、池田氏が本音を激白


本誌のインタビューに応じる池田氏(2月21日夕)

4月24日に投開票される衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補選で、事実上の野党統一候補としての出馬が決まっている無所属の新人、池田真紀氏(43)。同氏は2月21日夕、江別市内の選挙事務所で本誌のインタビューに応じ、今回の選挙戦に臨む率直な思いと抱負を語った。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)政治経済

2016年02月20日

道5区補選波乱含みへ。池田氏支援で共産が候補一本化に合意


共闘を誓う池田氏と橋本氏

4月24日の投開票を予定している衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙に伴う動きがあった。2月18日、共産党は公認していた独自候補の新人橋本美香氏(45)の出馬を取り下げ、民主党・維新の党・社民党が推薦する無所属の新人池田真紀氏(43)を支援し野党候補を一本化する事を決定。同党道委員会と民主党北海道、上田文雄前札幌市長らが呼び掛け人の市民団体「戦争させない北海道をつくる市民の会(以下市民の会)」の3者協議が合意に達した結果だった。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:39Comments(0)政治経済